EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「財務・会計トランスフォーメーション」連載一覧

5件中1~5件を表示
  • 2020/09/23

    キリバに訊く企業財務のDX、資金の流動性を可視化する「TMS」とは

     企業のビジネス活動を支える資金の調達と運用を行う財務部門。日本では経理部門との違いが曖昧なケースも多いが、銀行融資やM&Aではリーダーとして経営を支える重要な組織である。この財務部門の業務高度化のニーズに応えるTMS(Treasury Management System)ソリューションのグローバルリーダーがキリバである。自身もKyribaユーザーとしての経験を持ち、現在は多くのグローバル企業の財務部門にアドバイスする下村真輝氏に、なぜ今キリバのSaaSが支持されるのかを訊いた。

  • 2020/08/07

    会計DXではIT部門のサポートも必須、CFOを支援するブラックラインのソリューションの今

     未曾有の危機を乗り越えるため、経理部門には経営者や事業部門のパートナーとして、ビジネス安定化と立て直しへの貢献が期待されている。この難易度の高いミッションを遂行するために取り組まなくてはならないのがDXである。その一歩となるリモート決算ソリューションを提供するブラックラインに製品の詳細を訊いた。

  • 2020/07/31

    リモート決算・監査から始める経理部門のDX、危機への対応、学び、そして乗り越えるために

     新型コロナウイルスの感染拡大は、多くの企業の経理部門の業務がデジタル化に対応できていないという課題を浮き彫りにした。特に3月と4月という経理部門にとって最も多忙な時期にぶつかったこともあり、現場は多くの混乱が生じたことであろう。この経験から学びを得て、ビジネスに不測の事態が発生しても決算や監査に対応できるようにするにはどうしたらいいのか。6月12日、SAPはEY 新日本有限責任監査法人、ブラックラインと共同で経理部門を対象とするオンラインセミナーを開催した。

  • 2020/07/14

    予算策定の「脱・Excel」、Anaplanで実現するリアルタイムの計画業務と着地予想

     新型コロナウイルスの感染拡大が多くの日本企業に影響を及ぼす中、業務遂行に特に支障をきたした部門の一つが経理部門である。3、4月という年度末から次年度の初めにぶつかったことで、2020年3月期決算で業績予想の開示が困難になる企業が相次いだ。先行き不透明感が続く中、今後のビジネス環境の変化にも適応容易な予実管理の仕組みを整備するにはどうするべきか。SaaSで計画ソリューションのプラットフォームを提供するAnaplanの中田氏に訊いた。

  • 2020/07/06

    会計DXのために必要な「コンティニュアス・アカウンティング」とは――ブラックライン古濱社長

     例年であれば6月は株主総会が終わる時期にあって、新型コロナウイルスの影響による企業業績の見通しが不透明なままの企業は多い。決算作業の遅れによる混乱はまだ続きそうだが、経理部門はどうやって業務の立て直しを図るべきか。リモート決算ソリューションを提供するブラックライン日本法人社長の古濱氏に訊いた。

1~5件(全5件)
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5