SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press(PR)

SAP on Azureでマルチクラウド体制に移行―ゴルフダイジェスト・オンラインCTOの決断

 ゴルフ総合サイト「ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)」は2017年2月にIT基盤を全面的にクラウドへ移行した。それもマルチクラウドへ。どのような背景でどのような決断を下したのか。

まさかのトラブルなし オンプレからマルチクラウドへの移行

「ゴルフダイジェスト・オンライン(以下、GDO) 経営企画本部 本部長 CTO 渡邉信之氏
ゴルフダイジェスト・オンライン(以下、GDO)
経営戦略本部 本部長 CTO 渡邉 信之氏

 「物足りない…」―ゴルフダイジェスト・オンライン(以下、GDO) 経営戦略本部 本部長 CTO 渡邉信之氏は不満を口にする。一体、何が物足りないのか?

 GDOは2017年2月にIT基盤を一気にクラウドへ移行した。新規サービスなど先行してクラウドを利用していたものはあれど、オンプレで稼働していたシステムを一度にクラウドへ移行したのだ。しかも利用するクラウドはAmazon Web Services(以下、AWS)とMicrosoft Azure(以下、Azure)、マルチクラウド体制への移行だ。

 渡邉氏は移行でトラブルが起きることを覚悟して本番を待ち構えていた。しかし、致命的なトラブルは起きず、実にスムーズに作業は終了したという。渡邉氏の不満はトラブルが起きずにあっさりと移行が終了したため。

 「自席の後ろにはホワイトボードを設置し、ペンを新調し、徹夜作業が数日続いてもいいようにカロリーメイトを買い込んだりして(笑)、万全の準備でトラブルが起こるのに備えていたのですが、なにも起こりませんでした」と実に口惜しい様子。裏を返せば、それだけ移行が簡単になったということだ。

 「システム移行時の景色も様変わりしましたよね。前は寒いサーバールームで作業したり、(データが記録された)テープを抱えてタクシーに乗ったりしたのに。今ではいつもと変わらない職場の自席から作業すればいいだけですから。ゆとりがありますよ」

時間も費用もかかるシステム刷新プロジェクトなんて、もうやりたくない

 GDOは2000年に設立。ゴルフ場オンライン予約サービスから事業を開始した。後にゴルフ競技コンテンツ(メディア事業)、ゴルフ用品販売サイト(eコマース事業)、ゴルフレッスンなど、「ゴルフで世界をつなぐ」をモットーにゴルフに関する事業を幅広く展開している。

 クラウド移行前となるIT環境は2009年ごろからデータセンターで稼働していたもの。おおよそラック3本分、200台強のサーバー規模だ。それ以外にもさらに社内システム系やDWHなどのシステム、ネットワーク機器等が収まっている4本ラックがあり、サーバー100台分程度のボリュームがあった。合計7本のラックをクラウド移行したことになる。

 以降のきっかけは2015年。「2017年にサポート終了」の通知を受け、事業者から提案された次期システムに乗り換えるか、別の選択肢をとるかの岐路に立たされた。

 そこで渡邉氏は「もうハードウェアは買わない」と宣言した。これまでシステム移行で何度かシステム停止のトラブルを経験しており、似たような轍は踏みたくなかった。つまりクラウドへ移行するということだ。

 どの企業でもシステム移行は悩みの種。約5年ごとに繰り返し、かかる時間も費用もばかにならない。「システム移行は1円のお金も生まないのですよ。もうやらなくていい」と渡邉氏は言う。

 とはいえ、数年前まではシステム移行は不可避だった。ハードウェアもソフトウェアも陳腐化するため、リスクは承知の上で入れ替えをする必要があった。しかし近年ではクラウドという選択肢が現実的になりつつある。一度クラウドに移行すれば、もうハードウェアの保守からは解放される。

 GDOでは「どのクラウド事業者にするか?」は検討したものの、「本当にオンプレを離れ、クラウドに移行していいのか」はあまり議論しなかったという。ただし「シンプルさを維持すること」は重視した。渡邉氏は「システムが複雑だと運用が属人化し、リスクとなりますので」と説明する。

 少し前まではクラウドを不安視する声はあった。主にセキュリティだ。念のため、セキュリティで懸念はなかったかと質問すると、渡邉氏は「オンプレでも止まる時は止まる。セキュリティも自社内で稼働していれば安全とは限らない」と回答した。

 この言葉には説得力がある。実はGDOは2008年にSQLインジェクションのサイバー攻撃を受け、約10日間サイト停止に追い込まれた苦い過去がある。以来セキュリティ対策を強化し、トラブル発生時の対処行動マニュアルもしっかり整備している。

次のページ
段階移行か全面移行か、AWSかAzureか、マルチクラウドか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10073 2018/04/18 10:52

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング