ウイングアークとスカイディスク、工場生産状況が可視化できる製造業向け「MESソリューション」とAI活用で協業:EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ウイングアークとスカイディスク、工場生産状況が可視化できる製造業向け「MESソリューション」とAI活用で協業

2017/11/14 16:00

 ウイングアーク1stとスカイディスクは、ウイングアークが提供する情報活用ダッシュボード「MotionBoard」を中心にした製造業向けMES(Manufacturing Execution System:製造実行システム)ソリューションと、IoT分野に適した解析ノウハウで、人では気づかない故障予知や正常異常判定ができるクラウドAIプラットフォーム「SkyAI」の連携、および製造業でのAIの利用促進において協業すると発表した。

 ウイングアークは、設備からのIoTデータや人が入力したデータなど、生産ラインにおけるさまざまなデータを収集・蓄積し、「MotionBoard」で工場内の設備毎の稼働率・稼働状況や、生産状況の把握など、リアルタイムで“生産現場の可視化”を実現する「MESソリューション」を提供している。

 このプラットフォームに統合されたデータに対して、予測分析など時系列データの解析モジュールを提供するスカイディスクの「SkyAI」を連携させ、蓄積したデータからAI学習モデルを生成し、良品判定や設備の不良予測などをわかりやすく表示することができるサービスを展開する。

サービスのイメージ

 「MotionBoard」で目的となる設備の稼働率向上や品質改善のためのデータが整理されているため、AI活用に取り組みやすいことに加え、スカイディスクの「SkyAI」はクラウドサービスで提供されており、アジャイル開発をしながら、運用時のモデル学習等を柔軟に対応できる点が特徴だ。その結果、費用対効果を段階的に見極めながらAIの活用ができるようになるという。

 また、AI学習モデル作成を含めた導入支援サービスも用意する。これにより、包括的な生産現場の高速PDCAを可能にし、AIを活用した将来予測への取り組みを支援するとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5