Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

プロジェクトを円滑に進めたいマネージャーのための『プログラマーとお仕事をするということ』

2018/01/16 07:00

 ノンプログラマーのプロジェクトマネージャーや管理職にとって、プログラマーが何を考え、どんなやり方を好むのかを知っておくことは、プロジェクトをスムーズに進めていくための必須条件です。プログラマーを理解できないと悩んでいる方のために、翔泳社では『プログラマーとお仕事をするということ』を1月24日に発売します。

プログラマーとお仕事をするということ 折れないプロジェクトは異文化コミュニケーションから』は、ノンプログラマーの人がプログラマーの考え方や文化を理解する一助となる、ユーモアに富んだ読み物です。

 プロジェクトを企画し進行するにあたり、プログラミング経験豊富な人がマネージャーとなることは理想の形。しかし、マネジメントができるのはその経験が豊富な人であり、必ずしも生え抜きのプログラマーではありません。

 マネージャーがプログラマーの気質や開発現場の実体を知らないとどうなるのか。あたかもソフトウェア開発を建築に見立てたスケジューリングや増員がなされ、トラブルまみれになり、リリースは予定よりずっと遅れるでしょう。リリースされればまだましなほうかもしれません。

 そんな事態を回避するためには、ノンプログラマーであってもプログラマーのことを知っておかなければなりません。本書はまさにそのための1冊なのです。

 本書では、まずソフトウェア開発が建築とは似て非なるものであること、そしてアジャイルの考え方を解説。そしてプログラマーが何をどのように行っているのかを説明したあと、プログラマーの心理学について探っていきます。

 著者のパトリック・グリーソンさんによるユーモアも光る本書、今お悩みの方はぜひ手に取ってみてください。

目次

第1章:イントロダクション
第2章:なぜソフトウェア開発は建築と似ていないのか
第3章:アジャイル
第4章:彼らは一日中なにをしているのか?
第5章:緑の大きなチェックマーク
第6章:ジャーゴンの謎を解く
第7章:プログラマーを採用するには
第8章:プログラマーの心を占めるもの
第9章:プログラマーを上機嫌に保つ
第10章:すべてが悪くなるとき

プログラマーとお仕事をするということ

Amazon  SEshop  その他

プログラマーとお仕事をするということ
折れないプロジェクトは異文化コミュニケーションから

著者:Patrick Gleeson
訳者:青木靖
発売日:2018年1月24日(水)
価格:2,484円(税込)

本書について

日本の非プログラマー管理者たちにとって、自身のプロジェクトを円滑に進めるためのヒントが詰まっている1冊といえます。第一線で活躍しているプログラマーの皆さんにとっても得るものがたくさんあるはずです。

 



著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング広報課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。 Twitter@tiktakbeam

バックナンバー

連載:NEW BOOKS

もっと読む


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5