Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オフショア開発を最大限に活用するために!最適な開発モデル「ラボ型」の特長とは

2018/05/18 06:00

 「IT活用が急務であることは理解しているが、何をすればいいか分からない」「内製化するには膨大な時間とコストがかかってしまう」という声をよく耳にする。前回は日本企業の置かれるIT活用シフトへの課題と技術者不足について警鐘し、最新のグローバル開発(オフショア開発)に対する考え方のトレンドやベトナム活用の理由について解説した。今回は、オフショア開発とはどのようなシステムであり、チーム体制の構築はどうすればいいのか、その判断のより所となる情報を説明し、実際の開発現場の声を紹介したい。

オフショア人材を専属チームとして柔軟に活用できるラボ型開発

 まずはじめに、オフショア開発の契約スタイルは大きく分けてラボ型と受託型の2種類になるという点を押さえておきたい。クライアント企業が作りたいシステム、進行したいプロジェクト内容や開発規模によって、最適な開発スタイルは変わってくる。

 ラボ型開発とは必要な期間に必要な人数を専属の開発チームとして提供するサービス。契約期間の許す限り、クライアント企業の開発要件や優先順位に合わせて、開発チームのマネジメントが可能な契約モデルだ。一方、受託型(請負型)は、日本では一般的な契約モデルで、開発側に納品責任が有り、事前に決めた仕様、期間、金額通りにシステムを納品することでプロジェクトが終了する形態である。

出典:コウェル作成[画像クリックで拡大表示]

 ラボ型はベトナム現地のブリッジエンジニアや現地システムエンジニアを、発注企業の専任開発チームとして月額費用固定で開発を進めていくモデル。アジャイル形式での開発や、研究開発、運用保守など、オフショア人材のチームを自社の専属チームとして柔軟に活用することができるのが特長だ。

 オフショアでの開発を進める際、当社のように日本法人があるオフショア開発サービス提供企業の場合は、初回契約や更新、発注・支払い(日本円での支払)等の事務手続き、開発の導入部分は日本法人を窓口として進め、契約後の開発作業は基本的に発注者側の担当者とベトナム現地ブリッジエンジニア間を中心として行うのが一般的。日本法人がない場合は、契約、支払いなどもベトナム法人と直接行う必要があるので要注意だ。

出典:コウェル作成[画像クリックで拡大表示]

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 今井 徹(イマイ トオル)

    株式会社コウェル 経営戦略室 室長。20代で株式会社アライドテレシスにてLAN/WAN製品の営業、マーケティングに従事。その後、複数社の国内ステルスモードのスタートアップベンチャーでマーケティングを担当。 その後ビットアイル(現エクイニクス・ジャパン)のグループ企業で、マーケティング、BO部門、ビッ...

バックナンバー

連載:オフショア開発の今
All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5