Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT東日本、訓練用メールの送付により攻撃を疑似体験させる「標的型攻撃メール訓練」を提供開始

2018/07/31 18:30

 NTT東日本は、従業員などに対して標的型攻撃メールを疑似体験させ、情報セキュリティへの意識を高める「標的型攻撃メール訓練」を7月31日から提供開始すると発表した。

 このサービスではアシストセンタにおいて、操作方法や詳細設定に関して補助を行うため、情報セキュリティの専任者がいない中堅中小企業も安心して訓練を実施することができるという。

サービス概要

 このサービスは、訓練管理者用のポータルサイトから訓練用メールの配信設定を行い、従業員が利用しているパソコン、タブレット、スマートフォンへ訓練用メールを送付するもの。従業員が訓練用メールに添付してあるファイルを開封するか、本文中に記載のURLにアクセスすると、画面上に警告メッセージが表示され、従業員が安易に不審なファイルを開封したり、URLにアクセスしないよう、意識づけをさせる。また、訓練管理者は、ポータルサイト上で開封者数を確認できる。

 あわせて、訓練の実施にあたっては、ポータルサイトの操作方法や訓練の詳細設定を電話で補助するアシストセンタを設置し、さらにオプションメニューとして、メール訓練実施後の結果をまとめた訓練結果報告書を提供する。

サービスの特徴

 ・ポータルサイトの操作方法の説明や訓練用メールの詳細設定をフォロー

 アシストセンタでは、訓練管理者用のポータルサイトの操作説明や、メール本文、添付ファイル名などの訓練用メールの詳細設定におけるアドバイスなどをアシストセンタから電話で実施。

 ・セキュリティレベルの可視化

 訓練用メールの開封者数を個人、組織、役職別に集計し、従業員のセキュリティに対する意識のレベルを可視化することが可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5