SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

いよいよエンタープライズ領域に音声入力がやってくる―SalesforceがEinstein Voiceを提供

Dreamforce 2018 Report

 先日行われたSalesforce.comの年次カンファレンスイベントDreamforce 2018では、同社のAIソリューションであるEinsteinの話題も数多く登場した。中でも新たに登場したのが音声を活用するEinstein Voiceだ。音声の利用はAlexaやGoogle Homeなどのスマートスピーカーの普及、AppleのSiriなどが普及したこともあり、一気に一般化した。とはいえ、この音声のインターフェイスをコンシューマ領域以外で利用しようとすると、さまざまな工夫が必要になるようだ。

コンピュータビジョン、自然言語処理に重点

 Salesforce.com チーフ・サイエンティストのリチャード・ソーチャー氏
 Salesforce.com チーフ・サイエンティスト
リチャード・ソーチャー氏

 Salesforce.comのチーフ・サイエンティストのリチャード・ソーチャー氏によれば、今後のAIについては3つの大きな分野がある。1つが大きなデータセットの利用だ。2つめがスマートな予測を立てるためのアルゴリズムで、3つめはより速いコンピュータのためのGPUやCPUの進化だ。

 「データセットをスケールアップしてセキュリティを確保し、コンプライアンスにもあったデータを用意することになります。Salesforce Researchでは、どのような業界でもAIを使えるようにします。その際に重要になるのが、AIの倫理です。新たな価値を生み出しつつ、倫理を守ることも同時に行います」(ソーチャー氏)

 Salesforceではコンピュータビジョン、自然言語処理の部分に力を入れている。全社では、Visual Descriptionという領域で、写真を言葉で理解する取り組みを行っている。たとえば小さな女の子が写っている写真を見て、それを写真の説明として言葉で表現するのだ。「5年前にはぼやけた写真を見ているようなものだったけれど、今は鮮明な写真を見ているのと同じように説明ができるようになりました。そのため、人が写真にタグ付けを行わなくても、分類できるようになりました」とソーチャー氏。この技術を応用することで、交通事故にあったクルマの損害を保険会社などが自動で検知することもできるようになる。

 もう1つが企業が顧客とのコミュニケーションを取る際の方法となる、会話型のやり取りだ。会話にはコンテキストがあり、直感的な表現にもなる。これまでキーボードなどから情報を更新していたが、これからはそれを音声で行うようになる。音声入力は、キーボード入力よりも効率化できる。

 とはいえ音声入力については、難しい面もある。たとえば、業種や職種により、同じ言葉でも違うものを指すことがあるからだ。もう1つは、必ずしもクリアな音声で入力できるとは限らないことだ。工事の現場などでは周囲の騒音があり、音声を十分に把握できないこともある。また、オフィス内などで音声入力しようとすると、その内容が周囲に聞こえてしまい機密を守るといった面では問題となることもある。

 また人により異なるアクセントや、さまざまな声の質にも対応できなければならない。そのためにSalesforceでは研究を続けている。その1つが、ドメインに特化した会話をすることだ。標準化されたモデルで学習することで、さまざまなシナリオを学ぶことができる。その上で、音声の利用で重要な個人情報などが漏洩しないようにもする。音声認識の精度だけでなく、セキュリティと信頼性も音声の活用では重要になると考え研究が行われている。

次のページ
単に音声をテキスト化するだけでなくCRM用に自然言語を解釈する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

DB Online編集部翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。

Twitter : https://twitter.com/db_online
Facebook : http://www.facebook.com/dbonline.shoeisha

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11282 2018/10/16 06:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング