SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DBプロに会いたい!

誰かを支えるためならやる気スイッチが連打される、多彩なエンジニア アシスト 家島拓也さん


 エンジニアというと冷静で技術のみに突き進む人が多いなか、アシストの家島拓也さんはウェットでマルチな人生を歩むタイプだ。誰かを支える時、みんなと一緒に取り組む時、俄然スイッチが入る。こんなエンジニアも必要だ。

本気でシンガーソングライターを本業としていこうと思っていたのに

cap
アシスト 家島拓也さん

 子ども時代はサッカー少年だった。お風呂でも「どのようにパスを回すか」と脳内でシミュレーションするほど没頭した。しかしケガでサッカーを断念すると、ピアノをしていた姉の影響で音楽へと舵を切った。意外と切り替えが早い。専門雑誌を読みながら音楽活動への夢を膨らませていった。

 高校を卒業すると鳥取を出て、東京にある大学の経済学部に進学した。しばらくはボイストレーニング教室にも通った。当初は孤独にボイストレーニングに励んでいたが、音楽仲間ができると人生が輝いてきた。アカペラのグループに混じり、ライブハウスで洋楽ポップスなどを歌っていた。

 学生時代は本気で「音楽で身を立てる」と考えていた。将来の姿として思い描くイメージには、大きな会場で満員の観客の前でギターを弾きながら歌う自分がいた。シンガーソングライターだ。家島さんは「人の感情を言葉にして、歌で誰かの力になれたら」と思い描いていた。

 ところがある日、学食で母に思いを馳せたある瞬間、天啓が舞い降りた。母は専業主婦だった。いつか母を支えなくてはならない時が来ると気づき、「ぼくは母を支えられるだろうか。働かなくては!」と思い立った。

 当時、体育の授業がきっかけでサークルのように親しい仲間がいた。その中で親しかった女性(現在の家島さんの妻)が先に就職活動に取り組んでおり、彼女についていくような形で家島さんはアシストの会社説明会を訪れた。そこで家島さんは外国人でありながら日本語がペラペラなビル・トッテン社長(当時)の存在に衝撃を受け、企業理念を聞いて感銘を受けた。トッテンさんの哲学と信念に共感し、「ここで働こう」と就職先に決めた。ITに関しては全くの未経験だった。

次のページ
1年目は落ちこぼれ。先輩に徹底指導され、新人教育を任され、見事にキャッチアップ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DBプロに会いたい!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11623 2019/02/08 17:52

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング