Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IT人材は本当に枯渇するのか?

edited by Operation Online   2019/03/08 06:00

 はじめまして。ゴルフダイジェスト・オンラインの渡邉信之と申します。私は20年間IT業界に身を置き、ITベンダ時代にはプログラマからSE、プロジェクトマネージャーに従事し、2006年に今のゴルフダイジェスト・オンライン(以下GDO)に入社しました。GDOではIT責任者として10年間従事し、多くの大規模プロジェクトの陣頭指揮をとってきました。現在は新規事業を立ち上げ、タイにおけるゴルフ場予約サービスの事業責任者として従事しています。長くIT業界に身を置き、ITベンダ、事業会社での経験や事業責任者としての経験からこの先のIT業界やエンジニアのあり方を解説していきたいと思います。

 第1回はIT人材の枯渇というテーマで書いていきたいと思います。さて、唐突ですが今、IT人材は枯渇しているのでしょうか?

単にマッチしないだけ。枯渇しているように見えている現実

 IT人材といってもさまざまな業種、業態、国籍、働く国といったシーン毎に必要な人材やスキルが変わってくることは言うまでもなく、しかしながらIT人材を「使う」立場に立ってみると、そこには必ずニーズが存在します。そのニーズがここ5年くらいで大きく変わってきたと感じています。

 その昔、10年前はIT人材のニーズの多くは生産性の向上と品質の追求に偏っていたと思います。今でも特定の仕事においてはその傾向は続いているかもしれません。しかしながら明らかに新しいニーズとして顕在化してきたのが「経営危機を乗り越えるために一緒にイノベーションを起こせるIT人材」です。

 昔は経営者からみたITは悪い言い方をしてしまうと、コストにしか見えなかったはずです。ところが最近は経営者自らがデジタル革命やその類の流行り言葉を口ずさみ、ITそのものが経営課題を解決し自社の生き残る道であることを企業によっては中期計画や経営方針として掲げています。そのこと自体は全く否定するつもりはありません。ですが問題は、経営者や発注者が開発の現場やIT人材の本質を知らない事が後に悲劇をもたらすことになります。

 どんな問題が起きるのか?読者の皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか。よくあるのが「曖昧」「二転三転」「そもそも要求仕様がない」といった丸投げ発注の現実です。少なくとも昔は許されなかったと思います。しかしながら今は違います。発注者の“ニーズ”を汲み取り、解釈し、提案できないと経営者や発注者は「人材が枯渇している」ように見えてしまうのです。「私の言っている事が理解されない。もっと優秀なエンジニアは居ないのか!」と。これは明らかに発注者側の責任で単なる仕事の質が低いということですが、私は発注者にも受注者にも責任があると思っています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 渡邉 信之(ワタナベ ノブユキ)

    ITベンダにて主に金融系システムの開発に従事、その後プロジェクトマネージャーとして大規模開発プロジェクトに参画。2006年ゴルフダイジェスト・オンライン入社、現在はタイ事業推進室室長として活動中

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5