SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

週刊DBオンライン 谷川耕一

Adobeによるマルケト買収その後―統合後もサービス体制とコミュニティ活動は継続


 2018年、IT業界ではIBMによるRed Hatの買収が極めて大きな話題だった。そのため、他の買収劇のインパクトは大分薄れてしまったことは否めない。とはいえアドビによるマルケトの買収も、約47.5億ドル(約5,340億円)とかなりの規模だった。この買収劇はBtoCのエンゲージメントに強いアドビがBtoBに強いマルケトを手に入れたという文脈で、比較的好意的に語られることが多い。

マルケトの製品とサービスはAdobe Experience Cloudの中のMarketing Cloudに追加

 現状のアドビには、Adobe Creative Cloud、Adobe Document Cloud、そしてAdobe Experience Cloudの3つのクラウドサービスがある。これにAI基盤となるAdobe Senseiがあり、これらクラウドサービスを今AI駆動型のプラットフォームに変えているところだ。

アドビシステムズ株式会社 代表取締役社長 日本およびAPAC代表のジェームズ・マクリディ氏
アドビシステムズ株式会社
代表取締役社長 日本およびAPAC代表
ジェームズ・マクリディ氏

 今回買収したマルケトのサービスは、Adobe Experience Cloudの中のMarketing Cloudのところに追加されることになる。Experience Cloudが対象とするのは、現在、右肩上がりで2桁成長を続けているデジタルエクスペリエンスの市場だ。調査会社によれば、2021年には20億ドル以上の規模になるとも予測されている。アドビではマルケトの製品、顧客が加わることで、この市場でのさらなるシェア獲得を目指すことになる。

 米国アドビ本社では、2018年10月にマルケトの買収を終えている。日本法人のアドビシステムズ株式会社でも、2019年3月1日にマルケトの日本法人の買収を完了した。今回の統合によりマルケトの日本法人の社員は、アドビシステムズの社員となり活動することになる。オラクル、セールスフォース・ドットコムを経てマルケト日本法人の社長を務めていた福田康隆氏は、アドビシステムズのマルケト事業統括の専務執行役員に就任する。福田氏は、日本法人 社長のマクリディ氏に直接レポートする立場となるようだ。

マルケト日本法人の社長を務めていた福田康隆氏は、アドビシステムズのマルケト事業統括の専務執行役員
マルケト日本法人の社長を務めていた福田康隆氏は、
アドビシステムズのマルケト事業統括の専務執行役員に就任する

 アドビが日本市場に参入して、すでに26年の月日が経過した。「日本には、本社から積極的な投資をしてもらっています。ヨーロッパ、中東およびアフリカ地域、アジア太平洋地域などと同様、アドビでは日本を1つのリージョンとして見ています。日本には、堅調なサブスクリプションビジネスとユーザーのコミュニティがあり、エンタープライズのビジネスも拡大しています。さらにコンサルティングのサービスも拡大しています」とマクリディ氏。今回マルケトのサービスが加わることで、カスタマー・エクスペリエンスのソリューションを再編して新たに取り組むことになる。

次のページ
マルケトのサービスの体制とユーザーコミュニティは継続する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
週刊DBオンライン 谷川耕一連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11803 2019/03/15 10:08

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング