Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ラックとNEC APACが協業、APAC地域に高度なサイバーセキュリティソリューションを提供へ

  2019/03/18 14:45

 ラックとNEC Asia Pacific(NEC APAC)は、APAC地域のサイバーセキュリティ分野で協業することに合意したと発表した。これにより、NEC APACの実績・ノウハウと、日本で培ったラックのサイバーセキュリティ技術を共有し、APAC地域に高度なサイバーセキュリティソリューションを提供するという。

 今回の協業において、ラックとNEC APACは共同で、中堅・中小企業を対象とした高度セキュリティ監視サービスを2019年末までに提供開始する。このサービスは、ラックのセキュリティ監視センターJSOC、およびサイバー救急センターでの実際のインシデント対応経験とノウハウにより実現される。

 それらのノウハウを結集し自動化、また、クラウドを活用することにより、高品質ながら低価格なサービスを提供しAPAC地域の中堅・中小企業の成長を支えるという。

 さらに両社は、ハンズオンを中心としたサイバーセキュリティトレーニングサービスをAPAC地域の企業に提供する。このサービスは、組織内のサイバーセキュリティ対策に対する意識向上を目指すものから、マルウェア解析、インシデントレスポンス、不正アクセス分析、デジタルフォレンジックおよび脆弱性診断を行う高度な技術者を育成するものまで体系的なプログラムを提供する。

 また、ラックは日本で24年間かけて培ったサイバーセキュリティインテリジェンスとSecurity Operation Center(SOC)運用ノウハウにより、NEC APACが運用しているSOCの対処能力を向上し、APAC地域で包括的なインシデントレスポンスサービスを提供できるように支援する。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5