Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DAL、データ連携/EDI基盤「ACMSシリーズ」のサブスクリプションモデルでの販売を発表

  2019/06/18 14:00

 データ・アプリケーション(DAL)は、ACMSシリーズのライセンス体系に、従来からの買取モデルに加え、月額料金で利用できるサブスクリプションモデルを追加し、10月1日から販売開始すると発表した。 対象となるのは、エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」、B2Bサーバ「ACMS B2B」、動作環境をWindowsに限定した「ACMS B2B LE」の3製品。

「ACMSシリーズ」サブスクリプションの主な特徴

 1. イニシャルコストなし、利用期間にあわせた料金体系

 1か月単位で更新可能な、利用期間に応じた料金体系を提供(初年度は1年契約が必要)。

 2. 長期サポートに加え、電話によるサポートサービスも提供

 保守期間に応じて、2種類のサブスクリプションを用意。サブスクリプションには、サポート料金が含まれるため、別途サポート契約を結ぶ必要はない。

 標準のサブスクリプションでは、従来通常サポート終了後には追加料金が必要だった延長サポート期間も、追加料金は不要となる。より長期のサポートが必要な顧客向けには、通常サポート+5年間の保守サービスが提供される長期サポート付きサブスクリプションも選択可能。

 3. いつでも最新版が利用可能

 サブスクリプションなら、メジャーバージョンアップ費用は不要で、月額料金でいつでも最新版を利用できる。

 4. 並行稼働ライセンスの無償期間が6か月間に延長

 バージョンアップなどの移行時の期間に限って、無料で利用できる並行稼働ライセンスを用意。買取モデルは、無償期間が3か月間だったが、サブスクリプションでは、6か月間に延長。

 5. 導入、運用を支援する専用のTipsサイトを開設(予定)

 チュートリアルなどが掲載されたサブスクリプション専用サイトにより、構築・運用面でのヒントやポイントなどの情報を閲覧できる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5