Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アシスト、ジョブ管理基盤の適正な運用へ「JP1/AJS3ジョブ定義アセスメントサービス」を提供開始

  2019/07/12 16:00

 アシストは、取扱製品である統合システム運用管理ソフトウェアのジョブ管理基盤「JP1/Automatic Job Management System 3」(開発元:日立製作所)を利用中の企業向けに、ジョブ定義やジョブ管理規約の遵守状況を可視化・レポート化する「JP1/AJS3ジョブ定義アセスメントサービス」を7月12日に提供開始する。

 ジョブを適正に管理したいという企業から声に対して、アシストでは3,100社を超えるJP1の導入実績で得たノウハウをもとに、次の3段階で対策を推奨している。

  1. 現状のジョブ定義やジョブ管理規約の遵守状況を“可視化”する
  2. ジョブ管理規約を“標準化”する
  3. 標準化したジョブ管理規約にあわせて、ジョブ定義を“最適化”する

 しかし、最初の“可視化”で、JP1/AJS3の環境情報(ジョブ定義やエージェント定義など)やログを取得し、わかりやすく可視化するには多くの時間を要する上、より良いジョブ管理規約の制定には、JP1の専門的な知識やノウハウが必要になる。

 「JP1/AJS3ジョブ定義アセスメントサービス」は、現状のジョブ定義やジョブ管理規約の整備・遵守状況を可視化する。加えてアシストのノウハウを生かした分析・評価や、ジョブ管理規約の標準化に向けた具体的なアドバイスもレポート提供し、可視化ステップの省力化や、標準化、最適化を強力に支援するという。

 ■「JP1/AJS3ジョブ定義アセスメントサービス」

 ・レポートでわかること:
   JP1に登録されているジョブ定義の処理遅延リスクのある設定値
   JP1に登録されているジョブ定義の誤操作防止に繋がる設定方法 など

 ・提供物と期間:約2~3週間でレポートを提出

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5