Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ワイドテック、ITインフラ運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」の最新バージョンを提供開始

  2019/09/11 15:00

 ワイドテックは、ITインフラ運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」の全面改良となる最新バージョン「POLESTAR Automation V3」を、9月11日から出荷開始すると発表した。

 「POLESTAR Automation V3」は、扱いやすく属人化しにくいGUIベースの管理画面、導入から運用開始までを短期間で実現する500種以上もの豊富なジョブテンプレート、幅広いOS・ネットワーク機器を統合的に管理可能な汎用性といった特徴を継承しながら、特に日本のユーザーからの要望に応え、徹底的な改良を図った製品だという。

 日常点検・脆弱性点検を含む構成管理、OSやファームウェアのアップデート、ミドルウェア・アプリケーションのインストールとパッチの適用、運用報告書の作成など、サーバーやネットワーク機器の運用にまつわる多様な業務を広範にわたり自動化する。

「POLESTAR Automation V3」の新機能・改善点

 1. サーバーのエージェントレス管理に対応

 きめ細かなサーバー管理が可能でセキュリティ面でも優れた、従来からの定評ある「エージェント方式」に加え、SNMP/SSH/WMIなどの汎用的な管理インターフェースを通じて、専用プログラムをインストールすることなくサーバー運用の自動化を実現する「エージェントレス方式」にも、新たに対応。

 2. Zabbixなどとの外部連携のためのREST API搭載

 外部連携APIを持つ、既存のさまざまな運用管理製品との連携を実現。例えば、国内で広く普及するOSSの運用モニタリング製品「Zabbix」と組み合わせ、Zabbixからのシステム障害アラートをトリガーに、その後の障害回復処理を自動化することが可能となる。

 3. ネットワーク機器管理機能の充実

 ネットワーク機器へのコンフィギュレーションやアクセス制御リストの投入・更新、Cisco IOSのようなファームウェアのバージョンアップ、金融業界などで求められる高頻度のパスワード変更を手軽に行える、豊富なネットワーク機器管理ジョブを取り揃えた。

 また、ネットワーク機器だけを管理したいニーズに応えて、新たに専用パッケージ「Network Edition」の提供も開始した。

 4. 操作性とカスタマイズ性を向上させた、HTML5ベースの新GUI

 管理画面のユーザーインターフェースを一新し、ブラウザプラグインに依存せず、高速で軽快な操作を可能にした。 加えて、必要な管理情報を好みの場所に配置してカスタマイズできる、ウィジェット型のダッシュボードも搭載。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5