Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士通、ハイブリッド演算サーバーによる60TFLOPSのスパコンを名古屋大学から受注

  2009/03/23 18:40

富士通は、名古屋大学から、同大 情報連携基盤センターで利用する新スーパーコンピュータシステムを受注したと発表した。このスーパーコンピュータシステムは、「SPARC Enterprise M9000」「HX600」「FX1」の3種類の演算サーバーを組み合わせたハイブリッド型スーパーコンピュータで、理論ピーク性能は60T(テラ)FLOPSになるという。

 富士通は名古屋大学から、同大の情報連携基盤センター向けのスーパーコンピュータシステムを受注したと発表した。このスーパーコンピュータシステムは、アーキテクチャの異なる3種類の演算サーバーを組み合わせたハイブリッド型のシステムとなる。

 組み合わせる演算サーバーは、UNIXサーバー「SAPARC Enterprise M9000」、テクニカルコンピューティングサーバー「HX600」、ハイエンドテクニカルコンピューティングサーバー「FX1」の3種類だ。システム全体の論理ピーク性能は60テラフロップス(TFPS)になるという。

 アーキテクチャが異なるハイブリッド型のシステムだが、運用管理のためのミドルウェア「Parallelnavi(パラレルナビ)」「HPCポータル」「運用管理ポータル」などによって、全体を統合化している。また、ディスクアレイシステムに総物理容量1.15ペタバイトとなる「ETERNUS2000 モデル200」もあわせて納入される予定だ。

 新システムは、2009年5月と10月の2段階での稼働を予定しており、学内だけでなく各種研究機関や企業からも利用可能にする。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5