SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

検索の可能性を広げるElastic 構成要素から実用的なソリューションまで


 6月10日、ElasticはオンラインイベントElastic{ON}を開催した。データベースの検索エンジンからスタートし、今では検索のためのプロダクトやソリューションを幅広く提供している。

Elasticを構成するプロダクト群とソリューション

 かつて職場で「探しものをしている時間は働いているとはいえない」という指導を聞いたことがある。日ごろから整理整頓を心がけよ、という主旨だった。現在はどうだろう。仕事からプライベートまで、私たちは毎日何らかの情報を探している。仕事のメールや資料、自室にほしい家電や友達と行きたいレストランなど。

 BIツールを提供するDomoの調査によると、2019年には世界で1分間に450万件ものGoogle検索が行われたという。日ごろから検索を繰り返し、私たちは検索キーワードを入力するのが上手になった。しかしそれ以上に検索エンジンも賢くなっている。虫眼鏡マークの検索窓はどれも似ているが、背後のデータ処理はいろんな形で進化を続けている。

 検索を追求して成長している企業にElasticがある。データベースの検索エンジンからはじまり、検索ツールの開発や買収を通じて検索の可能性を広げてきた。今では企業システム内の情報検索だけではなく、システム監視やセキュリティ対策でも検索の強みを活かしたソリューションを提供している。契約している企業は1万1300社を越え、ビジネスでも売上を伸ばしている。

 Elasticの日本カントリーマネージャー 川崎友和氏は「検索が(自社の)コアでありDNA。そして私たちが考える検索とは、検索ボックスにとどまりません」と話す。

Elastic 日本カントリーマネージャー 川崎友和 氏

Elastic 日本カントリーマネージャー 川崎友和 氏

 配車サービスのUberもElasticの検索技術を活用している企業の1つ。ユーザーの出発地点から近くにいるドライバーを検索する。パートナーのマッチングサイトTinderでは、ユーザーの居住地や趣味やあらゆる情報から相性の良さそうなパートナーを検索している。

 検索であるべき姿として川崎氏は「speed、scale、relevance(検索結果の的確さ)」の3つを挙げる。検索したらすぐに結果が返ってくること、スケールすること、そして結果は的確でなくてはならない。

 Elasticは複数のオープンソースプロダクトから検索を実現している。基本的な構成要素はElastic Stack(またはELK Stack)と呼ばれてるプロダクト群だ。具体的には検索エンジンのコアとなる「Elasticsearch」、データを可視化する「kibana」、エッジからデータを運ぶ「beats」、サーバーサイドデータ処理パイプライン「logstash」からなる。

Elastic Stackやソリューション群

Elastic Stackやソリューション群
出典:Elastic Webページ Keynote(基調講演) from Elasticsearch

 Elastic Stackをベースに実用的なソリューションも提供している。検索の「Elastic Enterprise Search」、監視の「Elastic Observability」、セキュリティの「Elastic Security」の3つ。

 いざ使うとなると、どこにデプロイするかが問題となる。パブリッククラウドを使うなら、Elastic Cloudがある。主要クラウドベンダーとなるAWS、Azure、GCP、それぞれの東京リージョンに対応しており、それぞれのマーケットプレイスで購入できる。自社環境ならElastic Cloud Enterprise、KubernetesならElastic Cloud on Kubernetesもある(昨秋からリリース)。

次のページ
検索能力の強みを発揮し実用的なソリューションも提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:http://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/13183 2020/07/17 09:38

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング