SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

オフィスの新常態を再構築するために――セールスフォース・ドットコムの「Work.com」


 コロナの影響も長期化する中、企業によっては全社テレワークから、徐々にオフィスでの勤務を再開する動きもある。密を避けなければいけない状況は変わらず、オフィスでの配置、出社人数の制限、時差出勤の管理など企業にとってはこれまでにない対応が迫られる。こうしたニーズに応えるために、セールスフォース・ドットコムは事業を再始動するためのソリューション「Work.com」を発表した。

再開に向けた課題は山積み

 東京都では新型コロナウイルスの感染者が再び増加傾向にあると報じられる中、7月15日にセールスフォース・ドットコムは新サービス「Work.com」の発表をおこなった。米国では先駆けて発表されて、事業再始動のためのソリューションを日本でも本格的に提供開始する。

 「オフィスを再開するにあたっての課題は山積み、新しい日常を再構築することが目的」と同社の業務執行役員の伊藤孝氏はいう。今後危惧される第2波・第3波への備えだけでなくBCPという観点での今後発生するであろう自然災害などの緊急事態に対する準備でもあるという。

 「Work.com」は、クラウド型統合CRMプラットフォームであるSalesforce Customer 360をベースに開発され、以下のメニューから構成される。

Workplace Command Center
  • Workplace Command Center:
    責任者による、各事業拠点、従業員職場復帰の準備状況を360度視点で把握するハブ。責任者が従業員にアンケートを送信しその返信を集約し可視化する。Tableauの新型コロナウイルスデータハブとも連動し、さまざまな公開データを取り込むことができる。価格は月額600円/ユーザー、基本的にベースライセンスとしてのPlatform Starter(月額3,000円/ユーザー)とセットで提供される。

  • 従業員健康チェック(Employee Wellness Check):
    従業員の健康状態をモニタリング、分析するために必要なデータを収集する。従業員の健康アンケートを行い、出社再開に関するインサイトを取得し、データに基づいた意思決定を行うためのもの。価格は「Workplace Command Center」に含まれ、最大300回答の健康チェックが可能。それ超える場合は1,000回答ごとに、追加36,000円が発生する。

  • シフト管理:
    職場の3密状態を回避するシフト管理機能サプライヤーやベンダーのサービス管理を含め、空間的な距離や休憩のスケジュールを調整することで、オフィスやエレベーターでの大規模な密集・密接・密閉を回避できる。価格は月額600円/ユーザー。基本的にベースライセンスとしてPlatform Starter(月額3,000円/ユーザー)とWorkplace Command Centerとセットで提供される。

  • 従業員向け学習ツール myTrailhead(myTrailhead for Employees):
    トレーニング、学習、健康プログラムなど従業員のスキルアップなどのコンテンツ提供。月額3,000円/ユーザー。「New Employee Learning and Well-being」に関するコンテンツは、従業員向け「myTrailhead」に含まれる。

  なおWork.comの利用には、管理者用としてLightning Platform (Administrator)が最低1ライセンス(月額9,000円/月)必要となる。

パートナーによるソリューションの拡張

 今回のWork.comとの連携ソリューションを以下のパートナーが提供する。セールスフォース・ドットコムのビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「AppExchange」で提供される。

UPWARD株式会社

  • 位置情報を活用した従業員の訪問管理
  • 地図を活用した訪問先の事前登録
  • 訪問の自動チェックインと外出時の接触管理
  • 到着通知および正確な訪問記録

株式会社チームスピリット

  • 従業員の稼働状況のモニタリング
  • 勤務状況のリアルタイムでの把握
  • 多様な勤務形態をサポート
  • 働き方のモニタリング

株式会社Phone Appli

  • 拠点出勤者や来訪者の履歴管理
  • 出社している従業員と来訪者を紐づけて一括管理
  • 来訪者の在社管理と名刺を紐づけた活動履歴
  • 従業員のプレゼンス表示と在社/テレワーク履歴

次のページ
デモンストレーション:社員の健康状況把握からシフト配置まで

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

翔泳社 メディア事業部。同志社大学卒業後、人材採用PR会社に就職後1994年から翔泳社に参加。以後、翔泳社の各種イベントの立ち上げやメディア、書籍、イベントに関わってきた。現在は、嘱託社員の立場でEnterpriseZineをメインに取材・編集・書籍などのコンテンツ制作に携わる。 趣味:アコギ、映画鑑賞。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/13259 2020/07/20 10:33

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング