SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

data tech 2020 レポート(PR)

テープ×オブジェクトストレージで実現 クラウドネイティブ時代のデータ活用基盤とは

オブジェクトストレージとテープのメリット組合せた「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」

 オブジェクトストレージとテープの良いところを併せた「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」というソリューションを富士フイルムでは提供している。ホットデータとコールドデータを効率良く保存し活用できるようにするには「Amazon S3 Glacierのように、オブジェクトストレージとテープを組合せます。それをオンプレミスに置いて使えるようにしたのがFUJIFILM オブジェクト アーカイブです」と森氏。

 オブジェクトストレージにS3 APIでアクセスすれば、FUJIFILM オブジェクト アーカイブではテープにあるコールドデータからも自動でデータを取得できる。ネットアップのStorageGRIDがフロントにあればILM機能でアーカイブを自動でテープに保存でき、取り出す際もテープを意識せずに取り出せる。StorageGRIDとの組合せで「オンプレミスのGlacierとして利用でき、テープの低コストのメリットを得られます」と箱根氏。その上で性能が必要なところは、StorageGRIDでカバーできるという。

FUJIFILMオブジェクトアーカイブは、S3互換APIで磁気テープストレージとのデータ連携を可能にする
FUJIFILMオブジェクトアーカイブは、S3互換APIで磁気テープストレージとのデータ連携を可能にする
[画像クリックで拡大]

 FUJIFILM オブジェクト アーカイブは2020年4月にリリースし、APIにより多様なニーズにも柔軟に応えられる点が顧客からも評価されている。たとえばSaaSと組合せて、SaaSのGUIからテープにアーカイブするような使い方も可能だ。

S3互換APIにより多様なニーズに対応
S3互換APIにより多様なニーズに対応
[画像クリックで拡大]

 StorageGRIDは、今後6ヵ月サイクルで新機能を提供する予定だとしている。それにより、FUJIFILM オブジェクト アーカイブとの組合せによる新たな価値を提供できるようにしていきたいと箱根氏は展望を語る。FUJIFILM オブジェクト アーカイブも2020年12月25日にVer2の提供を開始する。Ver2ではクラスタリングにも対応し、スケールアウト機能が追加されため、「ネットアップの大容量をしのぐ巨大な容量にも対応できるようになります」と森氏は説明する。オブジェクトストレージを起点にテープと組合せることで、さらに幅広い用途に対応できるようになる。そのことがしっかりと伝わる、セッションとなっていた。

「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」のトライアルキャンペーンを実施中

 オブジェクトストレージとテープを簡単連携できるソフトウェア「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」を約1ヶ月間お試しできます!詳細はこちらから

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
data tech 2020 レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/13741 2021/01/22 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング