EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

テープ×オブジェクトストレージで実現 クラウドネイティブ時代のデータ活用基盤とは

edited by DB Online   2021/01/22 10:00

ストレージにはないテープのメリット

 ところで「大容量のデータを扱うならクラウド」との考え方もある。しかし、大規模障害なども発生しており、クラウドだけで大丈夫なのかとの懸念もあるため、オンプレミス回帰の話も聞こえてくる。これに対し、大容量データを格納するのに「適材適所でテープストレージも利用されています」というのは、森氏だ。

 ほとんど触らないデータのアーカイブには、クラウドが良いとの話もあった。確かに一切ダウンロードしなければクラウドはコストが安い。しかし、いざ大規模なデータをクラウドからダウンロードするとなると、転送費用が莫大にかかることがある。さらに、クラウドでは高可用性ポリシーが適用できない場合もあり、セキュリティ上の規制でクラウドにデータを出せないこともある。これらの要件でオンプレミス回帰があるのは確かだ。

データのアクセス頻度によってストレージの最適化が必要に
データのアクセス頻度によってストレージの最適化が必要に
[画像クリックで拡大]

 その上でホットデータとコールドデータの問題もある。NASに大量なデータがあっても、利用しているのはほんの一部に過ぎない。生成から1年間は使われるが、それを過ぎるとほとんど触らなくなりコールドデータとなってしまう。逆に、5年後にコールドデータを使いたい場合もあり、その際にNASでは、欲しいデータがなかなか見つからないこともある。これがオブジェクトストレージであれば、タグやメタデータを組合せることで対象データを見つけやすくなるのだ。

 コールドデータなら、テープメディアが活躍できると森氏は説明する。テープには堅牢性、安全性があり安価にデータを保存できるからだ。データの保存先としてパブリッククラウドが条件に合わなければ、オンプレミスでテープを活用してコストセーブもできる。テープは1メディアに極めて大容量のデータを保存でき、ハードディスクと違い構造もシンプルでデータを読むのに複雑な仕組みは必要ない。

 仮に5ペタバイトの容量があっても通電しておく必要はなく、読みたいときだけ通電するのでエネルギー消費も抑えることができる。また最近はオフラインで保存できることから、ランサムウェア対策でも有効だともいわれる。耐障害性も高く故障率も低いのも大きなメリットだ。「ハードディスクの容量も増えていますが最近は鈍化しており、テープ容量増大のペースはそれよりも大きくどんどん開発しています」と森氏は述べる。

磁気テープストレージは、経済性・安全性・将来性の3つで大きなメリットがあるという
磁気テープストレージは、経済性・安全性・将来性の3つで大きなメリットがあるという
[画像クリックで拡大]

関連リンク

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

  • 丸毛透(マルモトオル)

    インタビュー(人物)、ポートレート、商品撮影、料理写真をWeb雑誌中心に活動。  

バックナンバー

連載:data tech 2020 レポート
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5