SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

japan.internet.com米国最新IT記事

Linux:DebianとFedoraを使用したカーネルカスタマイズ


カスタムLinuxカーネルを構築する一般的な方法について説明してきましたが、今回は、Debianの便利なショートカットと、Fedoraの独特のカスタムカーネル構築方法を紹介します。

はじめに

 カスタムLinuxカーネルを構築する一般的な方法については、以前の記事で一通り説明しました。今回は、Debianの便利なショートカットと、Fedoraの独特のカスタムカーネル構築方法を紹介します。

Debianでカスタムカーネルを構築する

 Debianのカーネルソースパッケージの名前は「linux-source-<バージョン名>」です。現在リリースされている公式のソースパッケージは、linux-source-2.6.18(安定版)、linux-source-2.6.21(テスト版、不安定)、linux-source-2.6.22(実験版、不安定)の3つです。

 バイナリのDebianカーネルソースパッケージの名前は「linux-image-<バージョン名>」です。以前は「kernel-source」や「kernel-image」というパッケージでしたが、バージョン2.6.12以降はこの形式が使われています。この新しい名前付け規則によって、Debianは他のカーネルにも門戸を開くことになりました。実際にどのようなカーネルが使われるのか現時点ではわかりませんが、とにかく受け入れの準備はできているということです。

 カーネルのカスタマイズを行うには、まず、ビルド環境、カーネルソース、さらにfakerootパッケージをインストールします(詳しくは以前の記事を参照)。

# aptitude install linux-source-2.6.22 kernel-package fakeroot

 これにより、ソースtarballが/usr/src/にダウンロードされます。このままでは都合が悪いので、次のようにしてソースtarballを個人用のカーネル構築ディレクトリに移動してください。

# mv /usr/src/linux-source-2.6.22.tar.bz2 ~/kernel

 個人用カーネル構築ディレクトリでtarballを解凍します。

$ tar zxvf linux-source-2.6.22.tar.bz2

 次に、最上位のソースディレクトリに移動し、新規カーネルの構成を開始します。

$ cd linux-source-2.6.22
$ make mrproper
$ make xconfig

 構成作業を済ませたら、次のコマンドを実行します。

$ make-kpkg clean
$ make-kpkg -rootcmd fakeroot -rev kernel.1 linux_image

 fakerootにより、一般ユーザーとしてカーネルを構築するのに十分なルート特権を取得できます。この方法では、本物のルート特権を必要とするコマンドは実行できませんが、カーネルを構築するにはこれで十分です。この作業を行うと、「linux-image-2.6.22_kernel.1_i686.deb」という名前の.debパッケージが配置されます。もちろん、-revオプションを指定してもかまいません。次に、dpkgを使用して通常どおりの方法でlinux-image-2.6.22_kernel.1_i686.debをインストールします。

# dpkg -i linux-image-2.6.22_kernel.1_i686.deb

 これにより、モジュールがインストールされ、モジュールの依存関係が処理されます。また、ブートメニューのエントリが作成され、カーネルと関連ファイルが/bootディレクトリにコピーされます。リブートすると、ブートメニューから新しいカーネルを選択し、そのカーネルを操作できるようになります。

次のページ
Fedoraでカスタムカーネルを構築する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
japan.internet.com米国最新IT記事連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

Carla Schroder(Carla Schroder)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/138 2007/10/12 13:16

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング