SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Magazineスペシャル

本格的なフロントエンドツールとして一段と進化したExcel 2007の実力 Part1

Excel 2007に備わった新機能の使いどころ


2006年11月30日より出荷が開始された「the 2007 Microsoft Office system」のExcelやWordは、ユーザーインターフェイスの変更が話題にされることが多いが、それ以外にも企業システムのフロントエンドとして使うための新機能が多く追加されている。本特集では、新Officeの全体像とExcel 2007の特徴を解説するとともに、DBをバックエンドに置き、Excel 2007をフロントエンドのデータ分析ツールとして使った場合にも役立つ新機能を紹介する。 (DB Magazine 2007年3月号より転載)

企業システムのクライアントツールを目指すOffice 2007

新Officeの敵は旧Officeという構造

 新しくリリースされた「the 2007 Microsoft Office system」(以下、Office 2007)は、製品全体にわたってさまざまな新機能が追加されている。それは後述するラインナップなどを見ても分かることだが、併せてデスクトップアプリケーションのWordやExcelも大きく進化した。

 現在、マイクロソフトのビジネスにとって、従来バージョンのOfficeライセンスを新バージョンにアップグレードしてもらえるかどうかが重要な問題となっている。というのは、マイクロソフトがOfficeソフト市場シェアの大半を握った結果、「新バージョンOfficeのライバルは、常に旧バージョンのOffice」という状況になっているからである。

 また、すでに3世代前となるOffice 2000のアプリケーション(Excel 2000など)が未だ企業などで使われている現状もあり、これらをリプレースしてもらうためにも、Officeアプリケーションは従来の延長線上にある機能強化とは一線を画す必要に迫られていた。

Office 2003で生まれた“システム”の考え

 そのような経緯で生まれたのが、Officeの「バージョン2003」(以下、Office 2003)である。「ここで話しているのはOffice 2007のことじゃないの?」と思われた方もいるかもしれない。あまり知られていないことだが、Office全体が大きく方向転換したのはOffice 2003からである。

 Office 2003の正式名称は「Microsoft Office System 2003」で、この名前からも分かるように、Office 2003からOfficeは「単なるOAツール」から「企業システムのフロントエンドツール」として生まれ変わろうとした。そして、WordやExcelといったアプリケーションに、企業システムのフロントエンドツールとして使用するのにふさわしい新機能を搭載したのである。

 しかし、残念なことにOffice 2003はWordやExcel単体で考えると従来のバージョンと比較して見た目に大きな変化はなく、企業のエンドユーザー向けの派手な新機能はあまり搭載されていなかった。つまり、デスクトップアプリケーションは単なるOffice XP(バージョン2002)後継製品として捉えられてしまったのである。また、新たに打ち出したOfficeシステムもエンドユーザーにとっては、少々敷居が高い部分があったことは確かである。

 これらの過去を踏まえ、Office 2007が目指したのは「企業システム」と「そのクライアントツール」というコンセプトにふさわしいものだ。そして、Officeの中核を担う各デスクトップアプリケーションに搭載された機能群は、その点でOffice 2003と比べてさらに洗練されていると考えて良いだろう。

次のページ
the 2007 Microsoft Office systemとは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Magazineスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

漆尾 貴義(ウルシオ タカヨシ)

1979年生まれ。2006年6月にマイクロソフト株式会社を退社後、くらふとわーくす株式会社を設立。現在はインターネットサービスの開発/運用や、MS Office アプリケーションのカスタマイズを行なっている。著書に『Web2.0的システム構築』(九天社)など。ブログはこちら。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/139 2008/11/07 11:47

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング