SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

MySQLとHeatWaveが切り開くオープンソース・データベースの新基準

TPC-HによるHeatWaveの簡単なベンチマークテスト

第4回

 この連載ではMySQLの開発チームが開発、運用、サポートを行っているクラウド・データベースであるOracle MySQL Database Serviceと、分析処理を爆速化する分析エンジンHeatWaveについて、製品の特徴や使い方を解説していきます。第4回は、TPC-HによるHeatWaveの簡単なベンチマークテストついて解説します。

TPC-HによるHeatWaveのベンチマークテスト

 HeatWaveの性能を検証するため、複雑な検索や集計処理を含んだ意思決定支援システム(DSS)のベンチマークテストであるTPC-Hを利用します。なお今回利用するTPC-HをベースとしてSQL文はHeatWaveの検証用に用意されたものであり、TPC-Hの仕様に完全には準拠していないため公開されているTCP-Hの他のテスト結果と比較することはできませんのでご注意下さい。

 MySQL Database SerivceおよびHeatWaveへのデータのロードには、MySQL ShellのDump & Load ユーティリティの利用が推奨されています。

TCP-Hデータ生成

 まずベンチマークテストを行うためのTCP-Hのデータを生成します。

 HeatWaveのマニュアルのチュートリアルでは、オブジェクトストレージにテストデータのファイルをアップロードしてデータをロードする手順を紹介していますが、オブジェクトストレージ無しで手っ取り早く作業するために踏み台サーバーとして用意したComputeインスタンスのブートボリュームを大きくしておき、そこにテストデータのファイルを置いていきます。作成済みComputeインスタンスのブートボリュームも後から拡張することも可能です。

 HeatWaveリリース時にパフォーマンスを紹介し、また利用者の方が再現テストを行えるように、ベンチマークテストの手順とスクリプト類が公開されています。このページの情報を活用してベンチマークテストを行います。



データ生成ツールdbgenのコンパイルとデータ生成

 TPC-Hのデータを生成するためには、まずTPCのウェブサイトでライセンスに合意の上でツールをダウンロードします。
 ダウンロードされたファイルを展開するとdbgenディレクトリにあるmakefile.suiteを環境に合わせて編集します。ファイル内を検索して下記の通り変更して下さい。

図 makefile.suiteファイルへの変更項目

CC  = gcc
DATABASE= SQLSERVER
MACHINE = LINUX
WORKLOAD = TPCH

 続いてTPC-H Toolsのdbgenコマンドをコンパイルします。

図 dbgenのコンパイル

make -f makefile.suite

 最後にdbgenコマンドでテストデータを生成します。

図 計100GBのテストデータの生成

$ ./dbgen -s 100

 これでテストデータの準備ができました。

次のページ
MySQLの新しいクライアントプログラムMySQL Shell

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MySQLとHeatWaveが切り開くオープンソース・データベースの新基準連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

梶山隆輔(カジヤマリュウスケ)

日本オラクル MySQL Global Business Unit Asia Pacific & Japan担当 MySQLソリューション・エンジニアリング・ディレクターオラクル社において、MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なM...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/14353 2021/05/13 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング