SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

BOOKS

「ダブルハーベスト」勝ち続ける仕組みをつくるための戦略デザインとは

技術としてのAIからの転換

 DX推進の要として期待されているAIやデータの活用ですが、その効果が見い出せないと考えていたり、導入自体が難しかったりと活用自体に疑問を抱いている人も少なくないのではないでしょうか。そんな方はもちろん、現実となっていく「アフターデジタル世界」で企業成長を続けるためのAIやデータ活用法を知りたいという人にお薦めなのが、今回紹介する書籍『ダブルハーベスト 勝ち続ける仕組みをつくるAI時代の戦略デザイン』(尾原和啓、堀田創 著、ダイヤモンド社)です。

戦略デザインとしてのAIへ

 第一次人工知能ブーム、第二次人工知能ブームを経て、今まさに第三次人工知能ブームの延長線上にいるとされている中で、DXの実現に向けた手段の一つとして大きな注目を集めているAI技術。最近では、省人化を図るためのツールとしてAIが活用されている一方で、専門人材不足などから本質的なビジネスの変革へとつながっている例は少ないのが現状です。

 しかしながら本書の中では、「『技術としてのAI』から『戦略デザインとしてのAI』」へとシフトし、ゲームチェンジが進んでいると尾原氏によって指摘されています。つまり、専門人材にしか扱えなかった領域にあったAI技術はコモディティ化が進んだことで、企業の課題は“優秀な専門人材の確保”などから“企業戦略へいかにAIを取り込むか”に移っているというのです。

 このとき重要となってくるのがAIを活用した自動化などの単純なデジタル化ではなく、いかにして組み込んでいくのかという「AI活用の戦略デザイン」だといいます。では、この戦略デザインを描くためにはどうしたらよいのでしょうか。

 そのための鍵となるのが本書のタイトルにもなっている、「ダブルハーベストループ」という戦略モデル。このダブルハーベストループによって、企業はAIを利用しながら“勝ち続ける仕組み”を構築することができるといいます。本書の中ではこの戦略モデルを実装するためのプロセスについて6つのチャプターから説明されており、順番に読み進めていくことで思考法をキャッチアップできるように構成されています。

次のページ
日本企業にこそ必要なダブルハーベストループ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/14364 2021/05/14 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング