SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

北川裕康のエンタープライズIT意見帳

ここが変だよ日本のITトレンド。成熟度を定義してDXの次に備える

COBITの成熟度モデルがヒントになる

 では、どう成熟度を高めていけばいいのでしょうか。1つのヒントは、汎用的なITガバナンスのフレームワークであるCOBIT[※3]で提供される成熟度モデルです。このCOBITのフレームは、ITILのITガバナンスと結び付けて、使っているケースも多いと聞きます。私もITILへの興味から知りました。主にマーケティングのターゲット分析をするときにこのモデルを使っています。

 COBITでは次のように6段階からなる成熟度モデルが定義されており、IT管理プロセスがどれだけ適切に定義され、運営されているかを測定する手段としています。組織がどの成熟度に分布されていて、次にいくために足りない部分があるとしたらそれはどこの問題で、どのような対策が必要か、といった事項を客観的に見て、成熟度を上げる作戦を練ることができます。今、人事で話題の職能制度のジョブの定義も同じようなコンセプトです。成熟度の航海図みたいなものでしょうかね。

0:存在しない
認識可能なプロセスが存在していない。対処すべき問題の存在が認識されたことがない。

1.初期
問題の存在と対処の必要性は認識されているが、標準化されたプロセスはなく、事例ごとに場当たり的な手法が用いられる傾向にある。

2.反復可能
同じ仕事を別の人が行っても、同様の手順で行われる程度のプロセスは存在する。しかし、標準化された手順を訓練及び伝達する正式な方法がないため、誤りが生じやすい。

3.定義済み
手順が標準化および文書化され、トレーニングを通じて伝達されている。しかし、標準化された手順に従うかどうかは個々の人員に任されており、定義されたとおりでないことが発生しても発見しにくい。

4.管理可能
手順の順守度を監視及び計測することができ、プロセスの有効性が疑われる場合には対策をとることができる。プロセスは常に改良が加えられ、良好なプロセスへとつながる。自動化及び各種管理ツールは部分的に使用されている。

5.最適化
継続して改良を行い、他部門と連携して成熟モデルを適用してきた結果として、プロセスは十分に寝られていてベストプラクティスの域に達している。IT部門は統合的に活用されてワークフローの自動化を実現し、品質と友好性を向上させるツールを提供しているので、適応性は高い。

[※3]COBITのサイトより引用

 デジタル、データサイエンス、データ管理など自身の企業で必要なスキルを特定して、その成熟度をCOBITと同じように、5段階のレベルなどで定義します。そして、現在の人財をそれぞれ評価して、成熟度レベルにマップするのです。その結果、組織をマップしてもいいかもしれません。

 さらに、次にどのような分布にしたいかの戦略を立て、どのように成熟度を上げるかを計画します。その中には、各種のトレーニングもありますが、外部からの採用という方法もあります。データサイエンスのように、理論が要求されるような分野で、社会人になってから習得が難しいスキルがあります。

 組織の成熟度は一飛びには上がりません。人材の分布が大きい(人口が大きい)成熟度レベルを上げるというのがよい戦術かもしれません。それによって、全体の成熟度が高まります。ただ、ビジネスに差別化を生むような最新トレンドを追うためには、高い成熟度を組織にどうもたせるかの戦術もとても重要になります。

 もう1つ重要なことが企業文化です。組織全体で常に成熟度を上げていくことを、ラーニングカルチャーとして植え付けていく必要性があります。勝手には個人はそれほど勉強しません。書籍「デザイン思考が世界を変える: イノベーションを導く新しい考え方」(ティム・ブラウン著 早川書房)を読んでなるほどと思ったのは、豊かな土壌でないと草木が育たないように、豊かな企業文化がないと人は育たないということです。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
北川裕康のエンタープライズIT意見帳連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

北川裕康(キタガワヒロヤス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/14740 2021/08/02 13:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング