EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「北川裕康のエンタープライズIT意見帳」連載一覧

32件中1~15件を表示
  • 2022/04/22

    「ジョブ型雇用」の光と影、外資30年での私の経験を共有します!

     国内のIT業界でも、日立製作所、富士通、NECなどが、「ジョブ型雇用」を採用し始めています。これは、年功序列型雇用を打破して、特に給与について、年功の社員の給与を抑えて、パフォーマンスを上げる若手に多く配分するのが目的だとも言われています。私は、考えてみればもう米国企業で30年働いており、「ジョブ型雇用」にすっかり慣れてしまっています。また、Microsoft、Cisco Systems、SAS Instituteでは、「ジョブ型雇用」を進化させるプロジェクトに関わりましたので、そういう経験を...

  • 2022/04/08

    これから到来する「4IR」(第4次産業革命)のためにSTEM教育と産学連携を!

     4IRがこれからの1つのトレンドワードだと思います。4IR(The Fourth Industrial Revolution)とは、日本語では「第4次産業革命」になります。かれこれ10数年前、IoTが注目しはじめたときに、インダストリー4.0という言葉が出てきて、多くの方がもう第4次産業革命は始まっているかのように感じたかもしれません。しかし、実は第4次産業革命はこれからなのです。4IRでは、IoTや工場間のネットワーク化、ロボティクスだけでなく、AIや3Dプリント、ブロックチェーン、ビッグデ...

  • 2022/02/21

    エンタープライズITをスマホアプリのように選ぶ時代

     エンタープライズアプリケーションが群雄割拠の時代です。エンタープライズ市場向けの製品でも、ソリューションで溢れ、スマホアプリのように使い捨て感覚になってきています。こうした時代にどのようにアプリケーションを取捨選択していけば良いのでしょうか。

  • 2022/02/04

    停滞するアジャイル開発:内製と外注とのハイブリッドモデルで再起動を

     なぜ日本ではアジャイル開発が浸透しないのか――何年も続けられてきたこの議論。今回はSIをめぐる体制、ビジネスとテクノロジーのノウハウ、そして内製化と外注のハイブリッドによる開発という視点から考えてみたいと思います。

  • 2021/12/16

    ESGを実現するパーパス経営とは何か。ビジョン・バリュー・ミッションとの関係

     今回は、最近よく聞くパーパス(Purpose)を取り上げてみたいと思います。パーパスは、企業の存在意義であり、経営哲学やビジョンの一部だと考えます。正直、カナにすると、Thought Leadershipと同じくらい、ちょっとかわいく見えてしまう言葉です。

  • 2021/11/18

    Go To Market戦略とは何か? BtoB市場で勝つための思考法

     今回は、Go To Market戦略について記載します。政府の一連のGo Toキャンペーンによって、Go Toというキーワードは定着しましたが、Go To Marketはまだまだ馴染がないかと考えます。B2B世界では、Go To Marketが、ビジネス戦略の基盤になります。

  • 2021/11/10

    DXの「X」が必要な3つの領域:物流・マスカスタマイゼーション・製造業

     先日、物流メディアのマテリアルフロー様と当社インフォアジャパン社が共催した「2021ロジスティクス DXオンラインセミナー」において、国土交通省 総合政策局物流政策課 阿部竜也様に新しい総合物流政策大綱について講演いただきました。阿部様は、この新しい総合物流政策大綱は、「DXの本質はX(トランスフォーメーション)。とりわけ物流DXこそが重要」とおっしゃっていました。まったくの同感です。ではこの「X」の適用領域とは何でしょうか?

  • 2021/11/01

    デジタルで進化するBtoBマーケティングの最前線。ABMで狙った企業を逃さない

     ABMという言葉は聞いたことありますか? BtoBマーケティングでは、このABMが大流行りです。ABMだけを行う企業も中にはでてきました。ABMは、Account Based Marketingの略で、特定のターゲット企業に対して、古い言葉ではOne To Oneマーケティングを実行するものです。デジタルやSaaSの浸透により、以前は、家内工業みたいなやり方だったOne To Oneマーケティングが、より拡張性が高くなり、幅広いターゲット企業に対して実行できるようになっています。実は、日本はこ...

  • 2021/10/01

    ERPのカスタマイズは悪なのか? クラウド移行の遅れの理由について

     IT市場でよく使われる「壊れていないものは、使い続ける」、その風潮は日本では強いと思います。ここ数年は、どっぷりとERPの世界に私は入り込んでおり、多くの見込み顧客と話をする機会があります。クラウドERPなどの新しいアプリケーションに移行できない理由として多いのは、既存のERPでヘビーなカスタマイズを行っているので、とても新しいアプリケーションへ移行できないというものです。企業によっては、時間の経過ともにそのカスタマイズした理由が不明になり、それを紐解いていくだけでも、膨大な時間が掛かるという...

  • 2021/09/17

    デルタ株、船舶座礁、半導体不足……続く「サプライチェーン・ショック」にデジタルで対処せよ

     デルタ株の蔓延によるCOVID-19の拡大、半導体不足による製造業の停滞、スエズ運河の船舶座礁や自然災害、地政学リスク、製品の複雑化によるリコールの発生など、企業のサプライチェーンが危機にさらされています。デジタルによって解決する方向性はあるのでしょうか? 33年以上にわたりB2BのITビジネスにかかわり、現在はクラウドERPベンダーのインフォア(Infor)のマーケティング本部長の北川裕康氏が本音と洞察で業界動向を掘る連載です。

  • 2021/09/09

    日本でITアナリストやITコンサルタントの存在感が薄いのはなぜか?

     日本ではITのアナリストやコンサルタントの存在感は、海外に比べてなぜ薄いのでしょうか? テレビなどでITの話題となると、専門外の人がコメントしていることに大きな違和感をもつ、と著者は言います。33年以上にわたりB2BのITビジネスにかかわり、現在はクラウドERPベンダーのインフォア(Infor)のマーケティング本部長の北川裕康氏が本音と洞察で業界動向を掘る連載です。

  • 2021/08/10

    心理学をビジネスで使うための5つの考え方

     ソフトウェアにはなぜ、Enterprise EditionとStandard Editionがあるのでしょうか? RFPにはなぜ競合製品比較を求めるのでしょうか? これらは心理学から説明でき、いくつかのキーワードを知ることでテクニックが学べるのです。33年以上にわたりB2BのITビジネスにかかわり、現在はクラウドERPベンダーのインフォア(Infor)のマーケティング本部長の北川裕康氏が本音と洞察で業界動向を掘る連載。

  • 2021/08/02

    ここが変だよ日本のITトレンド。成熟度を定義してDXの次に備える

     日本ではデジタル最適化が成熟していないので、いきなりDXは難しい。成熟度をきちっと上げていかないと、次の進化はないと著者は指摘します。33年以上にわたりB2BのITビジネスにかかわり、現在はクラウドERPベンダーのインフォア(Infor)のマーケティング本部長の北川裕康氏が本音と洞察で業界動向を掘る連載。

  • 2021/07/19

    なぜIBM、アクセンチュア、デロイト、PwCが広告業界の上位にいるのか? デジタルで激変するグローバルの広告代理店市場

     アクセンチュア、デロイト、IBM、PwCが広告代理店のランキングの上位に入っています。広告業界とITの世界で何が起きているのでしょうか?33年以上にわたりB2BのITビジネスにかかわり、現在はクラウドERPベンダーのインフォア(Infor)のマーケティング本部長の北川裕康氏が本音と洞察で業界動向を掘る連載。

  • 2021/07/13

    私、失敗します。アジャイルアプローチで、成功へ反転させるために

     今回は著者の失敗経験を紹介します。失敗はビジネスの中での「宝の山」、まずはアジャイルアプローチで失敗を回し、そこから改善につなげていくことが成功につながります。33年以上にわたりB2BのITビジネスにかかわり、現在はクラウドERPベンダーのインフォア(Infor)のマーケティング本部長の北川裕康氏が本音と洞察で業界動向を掘る連載。

1~15件(全32件)
All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5