SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

北川裕康のエンタープライズIT意見帳

2023年のIT業界を大胆予測! DX第2ステージ、クラウドERPがセクシーに、内製化、MLOpsは…

 少し連載をお休みさせていただいていましたが、連載の再開および年頭ということで、今回は2023年のIT業界の予測を大胆に行います。DXが次のステージへ、クラウドERPが少しセクシーに、内製化が基幹業務でも……。機械学習/MLOpsの業務への組み込み、B2Bでのメタバースの利用なども取り上げます。これは、私の分かっている範囲の予測になります。1年後に成績表をつけましょう。

2023年、不確実な時代は続くが新たな兆しも

 現在は、ポストCOVID-19と言われますが、いまだに新型コロナウイルスの影響は強く残り、また、昨年からのロシアのウクライナ侵攻は終わらず、原材料の高騰や半導体不足、サプライチェーンの混乱が続くなど、不確実な時代であることは確かです。自然災害の急増や世界人口の増加によって、サステナビリティは待ったなしで、ESGなどの新しい非財務会計の基準が制定されようとしており、ITを含む企業はすぐに行動を起こす必要に迫られています。そして、国内のIT業界に目を向けますと、IT技術者不足の中、デジタル化の遅れや、SAP ECC 6.0のサポート切れによる「SAP 2027年問題」が、業界にインパクトを与えています。技術的には、以前紹介しました注目テクノロジーのABC(AI、バイオテクノロジー、暗号化・クリプト)の中でも、AI・機械学習の進歩が著しく、私たちのビジネスや生活に確実に浸透して、大きな影響を与えています。もはや当たり前になるトレンドとしては、Cloud First、Industry 4.0に向けてのIoTの利用があります。

 私の予測の前に、世界のテクノロジーのトレンドを紹介したいと思います。少し前の2022年の8月にマッキンゼー社がレポート「McKinsey Technology Trends Outlook 2022」を出して、現在の14のテクノロジートレンドをレポートしています。このレポートで、われわれIT業界に関連する9つを簡単に紹介します。

  • 応用AI:機械学習の応用。分類、予測、コントロールの問題を解決して、自動化や機能の追加・補足、意思決定を強化
  • 先進のコネクティビティ:5G/6Gだけでなく、無線小電力ネットワーク、衛星通信などの技術
  • Web3:分散化・ブロックチェーン・トークンベース経済を取り入れた次世代の分散型インターネットプラットフォーム
  • 機械学習の産業化:ここでいう産業化とは機械学習やAIを、実ビジネスで利用するためのワークフローのプロセスを構築すること
  • イマーシブリアリティ技術:複合現実感(Mixed Reality)や拡張現実感(Augmented Reality)、仮想現実感(Virtual Reality)など、Web3に不可欠になる技術
  • クラウド・エッジコンピューティング:エッジにコンピューティングのワークロードをオフロードして、自律的に処理する技術
  • トラストアーキテクチャーとデジタルアイデンティティ:デジタル対応の製品やサービスのためのデジタル・トラスト技術
  • 量子テクノロジー:量子コンピュータに代表される、特定の問題に対する計算性能を向上させる量子ベースの技術
  • 次世代ソフトウェア開発:AIを使用した開発およびテスト、ローコードまたはノーコードプラットフォーム

 調査会社のITR社が発表した「IT投資動向調査2023」では、新規導入可能性の製品・サービスにおいても、2位がAI/機械学習プラットフォーム、3位 5G(パブリック)、4位 IoT、9位 ローカル5G、10位 エッジコンピューティングとなっており、上記のテクノロジートレンドと同じ傾向であることがわかります。

次のページ
2023年、4つのPredictions!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
北川裕康のエンタープライズIT意見帳連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

北川裕康(キタガワヒロヤス)

35年以上にわたり B2BのITビジネスにかかわり、マイクロソフト、シスコシステムズ、SAS Institute、Workday、Inforなどのグローバル企業で、マーケティング、戦略&オペレーションなどで執行役員などの要職を歴任。現職は、クラウドERPベンダーのIFSでマーケティングディレクター。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17169 2023/01/06 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング