Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTTCom、新しいサービス基盤構想「Setten」の実証実験を開始

  2009/06/04 09:00

2日、NTTコミュニケーションズは、クラウドを実現する新しいサービス基盤構想「Setten」の実証実験を開始したと発表した。実験では、海外を含む拠点について、仮想デスクトップによるリモートオフィスを構築し、サービスやアプリケーションの利便性や操作性を検証する予定だ。リモートオフィスへの接続には、多要素認証技術が利用され、セキュアな環境を目指す。

 2日、NTTコミュニケーションズは、クラウドを実現する新しいサービス基盤の実証実験を開始したことを発表した。新しいサービス基盤は「Setten」と呼び、既存のクラウドコンピューティングサービスを包含しつつ、ネットワークからアプリケーションまでを提供する仕組みを持つ。特徴は、多様なアクセス手段、既存ネットワークの利用、システムの高品質、高信頼性などとなっている。

 実験の内容は、仮想デスクトップ環境によるリモートオフィスを構築し、各種サービスやシステムとの連携やSaaSアプリケーションの検証などだ。リモートオフィスは国内、海外を問わず、また接続端末もPC、携帯電話を想定し、これらをシームレスに接続する。参加企業は流通業やNPO団体、教育機関のほか、グローバルに展開する企業など15社の協力を得て、実証実験システムの操作性や使用感、業務をサービス基盤上で実施するにあたっての課題、今後追加を検討すべきSaaSアプリケーションなどを検証する。

 実験システムは、認証、WebOS、SaaSアプリケーション、ストレージから構成される。実験参加者は、Webブラウザ経由で社内システムやSaaSアプリケーションに接続する。これらのアプリケーションは、他のSaaSアプリケーションやクラウドサービスとの連携やデータ交換なども可能だという。

 実証実験は、6月2日から8月まで実施する予定で、実験後に得られた結果を「BizCITY」ブランドのもと、平成21年度内に実際のサービス提供を開始する予定だ。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5