SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

中堅企業のためのERP導入指南

ERPを中心としたシステムのデザイン

ERPシステム導入を成功させるためには、ERPの特徴を理解すること、周辺ツールを上手に活用すること、そして適切なITソリューションのデザインを行うことが、これからの基幹システム導入に重要となってきています。今回は、この「適切なITソリューションのデザイン」の重要性についてご説明します。  

適切なソリューションのデザイン

 ERPシステム導入を成功するためには、多くの人たちがすでに述べているように「プロジェクトマネージャの力量」が重要です。しかし忘れてはならないポイントとして、「適切なソリューションのデザイン」があります。いかに優秀なプロマネであっても、不適切なソリューション(またはERPの使い方)で始めた場合、最終的に顧客には受け入れられないシステムになってしまいます。現実的には、このような不適切なソリューションデザインから始めたプロジェクトを、プロジェクトマネージャの力量でスケジュール・費用・機能を調整し、「多大な妥協を伴った」上での適切(?)なシステムが構築されているのではないでしょうか。

 最初から適切なソリューションを描けていれば、導入プロジェクトでの苦労は半減できます。その適切なソリューションを描くための「導入指南」が、今回の連載でお伝えしている内容です。ERPで全てを賄うのではなく、ERPが不得意とする領域をその他の適切なシステム/ツールを活用して、トータルとして最適化されたシステムの構築を目指しましょう。

ERPの特徴を再確認

 それではソリューションのデザインを始める前に、ERPの特徴を再確認しましょう。簡単にいうと、SAPなどのERPシステムは、会計情報を中心とした実績や確定した情報の保管庫として活用を中心に考えましょう。ERPシステムは一旦入力したデータを頻繁に変更する必要がある場合や、大量データ(レコート)の入力や不特定多数の社員による活用には決して適していません。極端な例として、以下のようなことが考えられます。

  • 受注管理において、売上を計上できる段階で、ERPにデータを取込み、会計情報(債権管理)へとつなげる。
  • 一般購買品の調達依頼から承認及び発注確定までの業務をワークフローツールで行い、発注情報が確定した時点でERPに取込み、入荷処理及び債務管理をERPで行う(場合によっては入荷処理もERP外で行うデザインも可)。
  • 製造実績データをERPに取込み、在庫情報及び製造実績原価を導く元データとして活用する。

次のページ
ERPは万能ではない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
中堅企業のためのERP導入指南連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松本 繁治(マツモト シゲハル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1489 2009/06/05 11:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング