SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

富士通 柴崎辰彦の「一番わかりやすいDX講義」

今、何が起きているのかを知り、自ら試す


 富士通で初めてのデジタル部門の創設やサービス開発に取り組んで来た著者の実践に基づくDX連載の第8回。著者は、富士通 デジタルビジネス推進室エグゼクティブディレクターの柴崎辰彦氏。今回から、シリーズの第2部となる「マインドチェンジ編」となり、実践のための5つのポイントを全5回でお届けする予定。DX人材に求められるマインドセットである「今、何が起きているのかを知り、自ら試す」について解説する。

DX人材に求められるマインドセットとは?

 DXチャレンジ編に続き、本日からDXマインドチェンジ編を新たにスタートしたいと思います。連載の2回目「富士通の「SEの変革」から始まった『デジタル変革』」でもお話しましたが受託型SEから共創型SEへ、そしてデジタル変革(DX)に進むには大きな壁を感じていました。

 デジタル化の時代を象徴する変化が激しく(Volatility)、不確実で(Uncertainty)、複雑性に満ち(Complexity)、暖昧性が増している(Ambiguity)というVUCAワールドでは、あらゆる面でこれまでの常識や考え方では通用しないと言われており、変化が求められています。

 また、コロナウイルスの影響で様々な業種で大きな変革にチャレンジする必要性に迫られていることもDXチャレンジ編でお伝えしました(「コロナ禍はデジタル変革の推進を加速した」)。

 このようなビジネス環境変化や要求に応える為に我々にはどのような心構え=マインドセットが必要となるのでしょうか? 経営に携わるエグゼクティブ層、リーダー層、チームを支えるスタッフ・エンジニア層では、それぞれ異なる心構えが必要になりますが、これからスタートするDXマインドチェンジ編では、DXを進める全ての人に必要となる5つの実践ポイントを解説していきたいと思います。

デジタル変革を実践するための5つのポイント

 これからご紹介するポイントは、受託型SEから共創型SEへ、そしてデジタル変革(DX)の道を歩む方々に参考にして欲しいとの想いから整理したものです。個人で誰もがチャレンジすべきことから組織的な取り組みまで紹介していきます。

図1 デジタル変革を実践するための5つのポイント
図1 デジタル変革を実践するための5つのポイント

 まず、実践ポイントの1つ目は、“今、何が起きているのかを知り、自ら試す”ということです。これまでのIT化の世界でもトレンドをリサーチしたりすることは多かったと思いますが、ここで強調したいのは、インターネットや書籍などで机上で調べるだけでなく、デジタル時代には“自ら試す”というスタンスがとても大切だということです。

次のページ
自ら試すことでビジネスの背景を知る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
富士通 柴崎辰彦の「一番わかりやすいDX講義」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

柴崎 辰彦(シバサキタツヒコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15040 2021/10/28 13:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング