SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

富士通 柴崎辰彦の「一番わかりやすいDX講義」

日清食品グループCIO 成田氏に聞く:目指すはデータドリブン経営

第28回【DX実践研究編】日清食品グループ (4)

 富士通 柴崎辰彦氏が、国内のDXリーダーに、デジタル変革の考え方と実践事例を聞く連載。日清食品ホールディングス株式会社 執行役員・CIO(グループ情報責任者)の成田敏博氏に聞くDXの実践事例の第4回。成田氏登場の最終回では、現場業務のデジタル化の加速と最終目標であるデータドリブン経営に向けた取り組みについて紹介する。

トップ写真:日清食品ホールディングス株式会社 執行役員・CIO(グループ情報責任者) 成田敏博氏/富士通 柴崎辰彦氏

これまでの記事

業務部門のデジタル化活用の加速

 現場業務のデジタル化(連載第25回26回で詳説)をさらに加速させることは、2030年に向けた中長期成長戦略でも重要なテーマの1つに位置づけている。

「業務部門のデジタル活用については、一部の部門で進んでいたRPAにローコード開発が加わることで、具体的な業務課題に応じて適切なツールを使い分けるなど現場のリテラシーが高まり、それらを会社全体で組織的に支援するための仕組みも徐々に出来ていきました」(成田氏)

 こうした取り組みは、日経新聞でも「社員自らアプリ開発 定例業務を50%削減」という見出しで取り上げられた。kintoneの導入も様々な分野で進み、ペーパーレス化を目指した当初のプロジェクトは十分な成果をあげたといえる。現在では、現場社員自らが業務アプリを開発する取り組みを推進し、2023年までにルーティンワークを50%削減するという目標の達成を目指している。

 業務部門は比較的難易度の低いkintoneなどのシステムで開発し、IT部門は業務部門への開発支援や運用ルール策定、難易度の高いシステム開発に集中する体制が定着しつつあるのだ。

 Gartnerは、2024年にはローコード/ノーコード開発はシステム開発全体の7割近くを占めると予測している。日清食品グループでは、kintoneとPowerAppsに加え、UiPath(RPA)も広義のローコードツールに位置づけ、適材適所で導入を加速させる。

 さらに2021年10月に業務改善推進室(現:デジタル化推進室)という組織を立ち上げた。それまで財務経理部にあったRPA事務局を取り込んで、ローコード開発と現場の業務改善のための支援や人材教育がメインの業務になる。

デジタル化推進室の業務概要
デジタル化推進室の業務概要 [画像クリックで拡大]

次のページ
走りながら考えて来た業務部門とIT部門の新たな関係

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
富士通 柴崎辰彦の「一番わかりやすいDX講義」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

柴崎 辰彦(シバサキタツヒコ)

香川大学客員教授 富士通株式会社にてネットワーク、マーケティング、システムエンジニア、コンサル等、様々な部門にて“社線変更”を経験。富士通で初めてのデジタル部門の創設やサービス開発に取り組む。CRMビジネスの経験を踏まえ、サービスサイエンスの研究と検証を実践中。コミュニケーション創発サイト「あしたの...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16450 2022/08/17 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング