SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

富士通 柴崎辰彦の「一番わかりやすいDX講義」

DXはなぜうまく進んでいないのか? 一過性のブームで終わらせないための取り組みとは?

第30回【DX実践研究編】まとめ


 富士通 デジタルビジネス推進室エグゼクティブディレクターの柴崎辰彦氏が、国内のDXリーダーに、デジタル変革の考え方と実践事例を聞く連載。これまで紹介して来た先進企業における様々なDXに関する取り組み事例をもとに、今回は、「DXの本質とは何か」を多面的に考察する。

 トップ写真:富士通 柴崎辰彦氏

 筆者が富士通のSE変革から「デジタル変革(DX)」へシフトしてから既に8年以上が経過している。これまでDXについては、経済産業省の提言で「2025年の崖」と揶揄され、経営の神様ピーター・ドラッカーの名言「Change or Die」をもじって「Digital or Die」と表現されるなど、様々な表現がなされてきた。言葉遊びはさておき、「デジタル変革」とは一体何を指すのであろうか? 今回はこれまでの連載を踏まえその本質について考察する。

DXはなぜうまく進んでいないのか?

 DXの重要性に対する認識は高まっているが、成果が出ているとはいえない。最初にその実態をデータから確認してみたいと思う。毎年秋に国内でのITの動向を分析し提言しているアイ・ティ・アール(ITR)のイベント「IT TREND2022」では、会長の内山悟志氏が、同社の調査結果をもとに「デジタル変革(DX)」の実態をあらわにした。

 ITRの「IT投資動向調査2022」によると「デジタル技術を活用した業務やビジネスの変革(DX)に対して、あなたの考えに最も近いものはどれですか?」という問いに対して約8割以上が重要だと考えており、DXの重要性に対する認識は高まっていることがわかる。

 しかし、その一方で調査した様々なDX施策の中で「進行中・完了しており成果もでている」と回答したDXテーマはすべての項目において2割以下という結果となった。これは、「従業員エンパワメント」「顧客エンゲージメント」「オペレーションの最適化」「製品・サービスの競争力向上」といった4つのカテゴリでの成果を調査したものであるが、最も高いものでワークスタイルの変革(従業員エンパワメント)であり19%に留まっている。これは、コロナ禍の中で在宅勤務やテレワークを進めざるを得ないという環境的要因も大きい。

 一方でDXを推進する環境の整備もままならない。同じく、ITRが2019年6月から定点観測している「DX環境整備総合成熟度」においても調査を開始した2019年と様相は大きく変わっていない。この成熟度調査では、意識・組織・人材・制度・権限についてレベル0(未着手)からレベル1(初期)、レベル2(発展途上)、レベル3(部分的整備)、レベル4(浸透)、レベル5(定着)の5段階で測定しているが過去4か年の調査結果
は、いずれもレベル1~レベル3、即ち「部分的整備」に留まっている企業が全体の7割に達するという。

 内山氏は、これらの調査結果を踏まえ、DX推進における障壁が現在もいくつも存在していると指摘しているが、筆者は「DXに対する正しい理解と実践」を壁の一つに加えたい。

図1. DX推進に立ちはだかる壁
図1. DX推進に立ちはだかる壁 [画像クリックで拡大]

次のページ
知識だけでは行動(変革)につながらないのはなぜか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
富士通 柴崎辰彦の「一番わかりやすいDX講義」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

柴崎 辰彦(シバサキタツヒコ)

香川大学客員教授 富士通株式会社にてネットワーク、マーケティング、システムエンジニア、コンサル等、様々な部門にて“社線変更”を経験。富士通で初めてのデジタル部門の創設やサービス開発に取り組む。CRMビジネスの経験を踏まえ、サービスサイエンスの研究と検証を実践中。コミュニケーション創発サイト「あしたの...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17522 2023/03/27 00:26

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング