SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得

プログラムの著作権違反、その基準はどこにある?

 今回はプログラムの著作権違反について取り上げます。世の中にあるプログラムには、そっくりの機能を持つものが山ほどあります。ではプログラムのコピーはどこまで許され、どこから先が著作権侵害となるのでしょうか。プログラムの著作権違反について争った判例を見ていきましょう。

意外と難しい著作権侵害の判断

 今回は久しぶりにプログラムの著作権の問題についてお話をしたいと思います。 当たり前のことですが、誰かが作ったプログラムをコピーして自分自身のプログラムに加えてしまうことは、簡単にできます。

 実際、昨今の開発はGit-Hubのようなインターネット上の公開サイトからプログラムをダウンロードし、そのプログラムを改造して作ることが、むしろ主流になっています。そして過去に、あるお客さんに向けて作ったプログラムを、別のお客さん向けに作るプログラムに利用したりなども当たり前に行われています。

 むしろそうしたことがすべて禁止されたら、開発にかかる期間や工数は何倍にも何十倍にもなってしまう可能性があります。今の時代、プログラムのコピーはソフトウェア開発における必須作業と言ってもよいでしょう。

 では、プログラムを誰もが勝手にコピーをして使ってよいのかといえば、もちろんそんなことはありません。コンピューターのプログラムは、著作権法にも定められた著作物で、これを利用して開発を行うには著作権者(多くの場合は、プログラマーやその属する企業など) の許しが必要になります。

 Git-Hubで取得できるプログラムは、それを作って掲載したプログラマーが、他の人に使ってもらって構わないという許諾を予め与えているものですし、あるお客さん向けのプログラムを他に流用するのも、そのお客さんとの契約で、このプログラムの流用をしても構わないという約束がなされた上でのことです。

 では、どんなプログラムの記述も、許諾なしにはコピーできないのかと言えば、それも現実的ではありません。「xに1を加えた値をyに入れろ」という命令をy=x+1と書くのを禁じられたら、誰もプログラムなど書くことができません。

 そこまで簡単でなくても、世の中にあるプログラムには、そっくりの機能を持つものはが山ほどあります。顧客管理、在庫管理、販売管理……、あるいは各種の分析ソフトや情報提供ツールなどにせよ、同じような機能を持つのであれば、プログラムもよく似ていることでしょう。これらをすべて禁止してしまっては、ソフトウェアの発展などありえません。

 では、 プログラムのコピーがどこまで許され、どこから先が著作権侵害なのか。これは、なかなか難しい問題でこれまでも沢山の裁判が起こってきました。画面がそっくりだからと著作権法に触れるとされたものもありますし、 同じWindowsなのだから誰が作ってもこういう風になると著作物性が否定された例もあります。

 機能がそっくりだからと争われる例も複数あり、やはり著作物性を肯定するケースと否定するケースの両方が存在しています。実際のところ、こうした判断はケースバイケースで行われ、明確な基準を打ち立てるのは難しいことなのかもしれません。

次のページ
創意・工夫を機能で見るか、独自開発の分量で見るか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

細川義洋(ホソカワヨシヒロ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15267 2021/12/06 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング