SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Compliance Reviewスペシャル

麦わら帽子は冬に買え

不況を嘆いてみても何の解決にもならない。不況で仕事がないときこそ、将来の自社のあるべき姿を考え直すいい機会になる。不況は会社を強くする。5年後、10年後に現在を振り返って検証してみると、「あのときが千載一遇のチャンスであった」と結論づけられるだろう。

不況下のM&A事情

 民事再生を申し立てた企業や破産した企業の管財人から譲渡の依頼を受けることが多くなってきた。あるいは法的な倒産手続きこそ行っていないものの、銀行が借り換えに応じてくれないために譲渡を余儀なくされる成長企業からも相談が増えている。

 成長途上にある会社には強い資金ニーズがあるのだが、IPOマーケットが機能不全に陥っている中で、ベンチャーキャピタルも投資に及び腰になっている。当面の間、新規投資を行わないというベンチャーキャピタルもあると聞く。2〜3年後にはベンチャーキャピタル業界も様変わりしていることだろう。いずれにしても成長途上の企業へのリスクマネーの供給も極端に細っているのである。

 そうなると資金調達は銀行に頼るしかないのだが、この経済情勢では銀行もそうやすやすとは融資に応じてくれない。その結果、成長企業であっても資金繰り難のために身売りを余儀なくされるケースも多くなってきた。世界的な信用収縮の影響がこんなところにも及んでいるのだ。

 もちろん、これらの企業の中には魅力的な企業も多い。恐らく金融情勢が正常ならば、十分、自力で経営できていただろう。ところが、こういった会社ですら売り手となっているのだ。しかも、劣悪な経済環境を反映して買収価額は全般的に安めになってきている。中にはびっくりするほど低廉な価額で買収できるケースもある。

次のページ
不況というチャンス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Compliance Reviewスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

荒井 邦彦(アライ クニヒコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1535 2009/06/12 11:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング