SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

ドキュメント作成に欠かせないコツを伝授~Microsoft Office再入門

手順書作成にどのツールを使う? 図の配置とトリミング (3)

ドキュメント作成のためのMicrosoft Officeテクニック 第10回


 この連載では、ビジネス文書を作成する上で知っておくと便利なMicrosoft Officeの操作テクニックを紹介します。今回は、作業手順書に欠かせない図の配置のコツ、および、図のトリミングなどをはじめ、重くなったWord文書ファイルを軽くするための方法について紹介します。

はじめに

 作業手順書には、スクリーンショットやオートシェイプなどの図形要素が欠かせません。しかし、Microsoft Office Word(以下、Word)で画像やオートシェイプ、テキストボックスを多用すると、ファイルサイズがすぐに大きくなり、やがて動作がもたついて、最悪の場合強制終了…といった問題に直面します。

 そこで今回は、「Wordで図をうまく配置できない」「図の横に文字を入れるには?」「Wordはすぐ重くなるから好きになれない」といった疑問や問題の対処方法を紹介します。

図ツールバーの表示

 テキストを図の周りで折り返したり、画像の補正や加工をしたりする場合は、図ツールバーを表示しておくと便利です。図ツールバーを表示するには[表示]-[ツールバー]-[図]をクリックします。図ツールバーでは、図の配置方法指定のほか、コントラストや明るさ、色調の調整、トリミング、回転などができます。

図ツールバー
図ツールバー
図の挿入(図の挿入) 図をファイルから挿入します。
色(色) 「自動」「グレースケール」「白黒」「ウォッシュアウト」の中から図の色調を変更します。
コントラスト(強)(コントラスト(強)) 図のコントラストを強くします。
コントラスト(弱)(コントラスト(弱)) 図のコントラストを弱くします。
明るさ(強)(明るさ(強)) 図の明るさを強くします。
明るさ(弱)(明るさ(弱) 図の明るさを弱くします。
トリミング(トリミング) 図をトリミングします。
左90度回転(左90度回転) 図を左に90度回転します。
線の種類(線の種類) 図の枠線の種類を変更します。
図の圧縮(図の圧縮) 図を圧縮します。
テキストの折り返し(テキストの折り返し) 図の周りにテキストを折り返します。
図の書式設定(図の書式設定) 図の書式設定ダイアログボックスを表示します。
透明な色に設定(透明な色に設定) 背景色を透過したい場合にこのボタンをクリックして、図の中の透過したい色をクリックすると透明になります。
図のリセット(図のリセット) 図のサイズ、コントラストや明るさ、トリミングなど、加工した図をリセットして元の図に戻します。

図をトリミングするには

 図ツールバーを利用すると、図ををトリミングできます(例えば、画面コピーしたスクリーンショットなど)。

  1. トリミングしたい図を選択します。
  2. 図ツールバーのトリミング(トリミング)をクリックすると、マウスカーソルの形がトリミングに変化し、トリミングが有効になります。
    図を選択してトリミングボタンを押す画面
  3. マウスで図の角や辺にある適切なハンドルにポイントして、トリミングする場所までドラッグします。この例では、右側をトリミングするので、右辺の■ハンドルをポイントし、左方向にドラッグします。
    右辺の■をポイントし、左方向へドラッグする画面
    右辺の■をポイントし、左方向へドラッグする画面
  4. 図がトリミングされました。トリミングモードを終了するには、[Esc]キーを押すか、もう一度トリミング(トリミング)ボタンをクリックします。
    トリミングされた後の画面
    トリミングされた後の画面
スクリーンショットの撮り方

 スクリーンショットをクリップボードにコピーするには、[PrintScreen]キーを利用します。全画面をクリップボードにコピーする場合は、コピーしたい画面を表示してから[PrintScreen]キーを押します。全画面ではなく、アクティブウィンドウをクリップボードにコピーする場合は、[Alt]キーを押しながら[PrintScreen]キーを押します。ただし、キーボードに[Fn]キーが存在する場合は、全画面コピーの場合に[Fn]キーを押しながら[PrintScreen]キーを押す必要がありますので注意してください。

次のページ
画像の周りに文字を配置するには

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ドキュメント作成に欠かせないコツを伝授~Microsoft Office再入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/161 2008/09/05 22:06

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング