SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Press

ウクライナから日本は何を学ぶ サイバー視点の安全保障議論の場「サイバー防衛シンポジウム」現場レポート

 防衛および安全保障という視点からサイバーセキュリティを考えるイベント「サイバー防衛シンポジウム熱海2022」が、8月27日から28日の二日間にかけて静岡県熱海市のKKRホテル熱海にて開催された。ウクライナ侵攻や台湾有事などの国際情勢によってサイバー攻撃への注目度が増していることもあってか、会場には防衛省などの官公庁関係者をはじめ、セキュリティ以外の民間企業関係者も多数参加。シンポジウムでは、官民の参加者共にいかにして日本のサイバーセキュリティ体制を構築するかという熱い議論が交わされていた。どのような意見交換が行われたのか、現地参加したレポートをお届けする。

熱海で湧く、安全保障視点のサイバーシンポジウム

 「熱海」と聞いて、多くの人は何を想像するだろうか。恐らく多くの人は温泉を真っ先に思い起こすだろうが、熱海を初めて訪れた筆者にとってその地は「サイバー」が真っ先に浮かぶ地となった。温泉目的の行楽客を横目に駅から徒歩10分ほど歩くと、今回の目的地であるKKRホテル熱海へと到着。7階建てのホテルは、展望浴場から相模灘を一望できる好立地にある。だが残念ながら筆者は予約が取れず、熱海駅近くのビジネスホテルに宿泊となった。

今回のシンポジウム会場であるKKRホテル熱海(写真:運営局提供)
今回のシンポジウム会場であるKKRホテル熱海(写真:シンポジウム実行委員会提供)

 今回で3回目の開催となる「サイバー防衛シンポジウム」。今年のテーマは「改めて『サイバー戦』を考える!~ロシア・ウクライナ戦争の裏側〜」だ。シンポジウムの始まりは2019年。元々スポンサーなどを入れずに参加者の会費制で行われ、官民におけるサイバーセキュリティ人材交流の場として始まったものだった。そこで行われた講演や人材交流が好評だったことから、2020年よりスポンサーをいれて大々的に実施する方向へ。

 だが新型コロナの流行と重なり、当初はわずか50人と大きく間引きした状態で行わざるを得なかったという。今回会場の枠としては約200人の席が用意されたほか、オンラインでもほぼ同数の200人のチケットが販売され、そのすべてが早期に完売したとのこと。

 実際、現地の聴講者に取材すると「日本のセキュリティ環境に危機意識があり、民間の立場としてどう貢献できるか考えたい」(民間セキュリティ担当者)、「貴重な官民交流の場ということもあり、どうしても来たかった」(官公庁関係者)など、昨今の国際情勢もあってか、参加者のモチベーションは高かった。

オンラインも含め、会場は満席となった(写真:シンポジウム実行委員会提供)
オンラインも含め、会場は満席となった(写真:シンポジウム実行委員会提供)

 初日に登壇した海上自衛隊の元海上幕僚長である武居智久氏は講演の中で、ロシアによるウクライナ侵攻への見解と、今後考えられる台湾有事がもたらす日本への影響に触れた。武居氏は、今回の戦争がサイバー戦における実施主体が拡大したことを挙げ、自身の見解としてサイバー攻撃にはSNSなどを用いた「情報操作型」、マルウェアなどによる「破壊型」の二つに大別できるという。

次のページ
日本に残された時間は少ない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Security Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

西隅 秀人(編集部)(ニシズミ ヒデト)

EnterpriseZine編集部

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16625 2022/09/16 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング