SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

週刊DBオンライン 谷川耕一

Salesforce CDPは揺れるSalesforceの起死回生の一手となるか?

 デジタル変革を進める上で、顧客との関係性をより良いものにすることが企業に求められている。そのために顧客とのあらゆる接点情報を集め、顧客に最適な情報提供やアプローチをとる。変化が速い現状では、この360度ビューで顧客を捉えるアプローチではリアルタイム性が重要となっている。リアルタイム性を備えた顧客データプラットフォームとして、Salesforceが新たに提供するのがSalesforce CDPだ。

Salesforce CDPはリアルタイム性のある顧客データプラットフォーム

セールスフォース・ジャパン マーケティング本部 プロダクトマネジメント&プロダクトマーケティング シニアディレクター 松尾 吏氏
セールスフォース・ジャパン マーケティング本部 プロダクトマネジメント&プロダクトマーケティング シニアディレクター 松尾 吏氏

 Salesforce CDPは、2022年9月に開催されたDreamforceでは「Salesforce Genie」と発表されたものだ。従来CDP(Customer Data Platform)と言えば、マーケティングオートメーションなどで利用する、顧客の行動データなどを集めたデータプラットフォームとして捉えられてきた。Salesforce CDPは、マーケティング領域以外の情報も集めたより幅広い概念を持つものとなる。

 Salesforce CDPが生まれた背景には、企業が扱うべき顧客に関するデータが、CRMやマーケティングオートメーションの仕組みで得られるものを超え加速度的に増加していることがある。「今や1人でいくつものデバイスを持ち、ビジネスの世界でもARやVR、ドローンなど新しいデバイスも活用しており、顧客に関するデータは増える一方です」と言うのは、セールスフォース・ジャパン マーケティング本部 プロダクトマネジメント&プロダクトマーケティング シニアディレクターの松尾 吏氏だ。

 さまざまなデバイスから生まれるデータを顧客中心に捉え、そこから得られる知見を瞬時に活用できれば、顧客はより良い体験を得られる。そのために必要だったのが、リアルタイム性のある顧客データプラットフォームだった。

 Salesforce CDPには、過去の履歴を含め顧客に関するあらゆるデータが入る。それらを担当者が使いやすいよう顧客ごとに整理し、リアルタイムで見られる。「Salesforce CDPは、SalesforceのCRMトランザクションデータベースの横にあるような構成となります」と松尾氏は言う。

次のページ
Snowflake、Meta、AWSとも連携するSalesforce CDP

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
週刊DBオンライン 谷川耕一連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17210 2023/01/20 08:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング