SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

世界的コンサルティング企業「EY」はどのように「脱Notes」による変革を実現したのか?

「Adobe Summit 2023」レポート


 2023年3月にラスベガスで開催された「Adobe Summit 2023」では、会計、税務、コンサルティングなどのプロフェッショナルサービスを提供するErnst & Young(EY)のグローバルCMOが登壇し、アドビのブライアン・グローヴァー氏を聞き手に同社が取り組む変革の歩みを紹介した。EYが採る差別化戦略としての顧客体験、B2Bの大型案件受注のための鉄則、レガシーなインフラだった「Lotus Notes」のアドビへの移行などが、余すところなく紹介された。

大手コンサルティング「ビッグ4」の中でEYが採った差別化戦略とは

Adobe B2B Marketing担当 Product Marketing & Strategy Sr. Director ブライアン・グローヴァー氏<br />Ernst & Young Global CMO カレン・ホプキンス氏
Adobe B2B Marketing担当 Product Marketing & Strategy Sr. Director ブライアン・グローヴァー氏
Ernst & Young Global CMO カレン・ホプキンス氏

 コンサルティング業界におけるErnst Young(以降、EY)は、巨大な会計事務所ネットワークを活かし、デロイト、KPMG、PwCと共に「ビッグ4」の一角を占める総合コンサルティングファームである。経営戦略立案からIT導入までクライアントに幅広いサービスを展開する世界最大級のB2B組織としての一面を持つ。2022年度の売上は454億ドル、前年度比で16.4%(現地通貨ベース)の成長を記録した。日本を含む世界140カ国、約40万人の従業員が働いている大規模で複雑なネットワーク組織を運営している。クライアントは他のB2Bビジネスと同様に企業であるが、商品は人材である。「私たちは仕事を提供し、仕事を販売するのです」とホプキンス氏はビジネスの特徴を語る。

 プロフェッショナルサービスのビジネスは競争が激しい。コンペでは、前述のビッグ4以外にもグローバルのトップファームやブティックファームらと、案件獲得にしのぎを削らなくてはならない。EYが差別化のために着目したのが「顧客体験」である。昨今、B2BビジネスにおけるWebサイトは、ソリューション提供能力を評価するデジタル接点としての重要性を増している。B2Bの顧客は、情報収集を行なっている段階で、営業との接点を持つことを好まない。商談化の前からWebサイトを通じて多くの情報を得ており、自分が重要と考えるコンテンツがタイムリーに提供されるかでその組織のソリューション提供能力を「値踏み」している。

 見方を変えれば、顧客が情報収集を行う段階でどれだけ「この会社は私たちのことを理解してくれている」と思わせるコンテンツを提供できるかが顧客ロイヤルティを高め、自社のブランド確立を促すことにつながる。しかし、ここまでの規模のファームにとって、クライアントにグローバルで一貫した体験を提供することは容易なことではない。特に大きなチャレンジがパーソナライゼーションである。パーソナライゼーションを実現するには、大量のコンテンツを用意すること、そしてビジターが誰かを正しく把握することが求められるためだ。しかもそれをグローバルでともなれば、さらに複雑な仕組みが必要になる。

次のページ
EYのB2B組織の顧客理解の鉄則とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

 IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17718 2023/05/17 16:34

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング