SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Day 2023 Summer レポート(AD)

自動・共通・協働に加えて「シークレット管理」がDXの鍵!セキュアなマルチクラウド運用を実現する新手法

クラウドの良さを生かす「HashiCorp Stack」の魅力に迫る

Terraformで実現できる自動化、共通化、協働化

 クラウド環境で強固な運用を苦労せずして実現するにはどうしたらいいか。HashiCorpが解決策につながるキーワードとして掲げるのは「自動化」、「共通化」、「協働化(コラボレーション)」の3つだ。

 まず「自動化」とは何か説明しよう。ここで実際に使うプロダクトがTerraformだ。これはインフラ構築と自動化のためのツールで、HashiCorpが中心となりOSSで開発を進めている。大きな特徴はインフラ構成をコードで記述することで、インフラの構築を自動化できる点だ。IaC(Infrastructure as Code)を実現するためのプロダクトとも言える。また、チーム・組織向けの商用版サービスとして「Terraform Enterprise」や「Terraform Cloud」もある。

 現実のクラウド環境を考えてみよう。たとえば、AWSのコンテナからアプリケーションを稼働させるとする。そうなるとコンテナだけなく、ネットワークのためにVPC、サブネット、ルーティングテーブルを設定し、またデータのためにS3バケットを用意し、いろいろな権限をIAM(Identity and Access Management)で設定するなど、準備しなくてはいけないことが山ほどある。これらをミスせず設定する必要があるのだが「手作業ではあっという間に人間の限界を超えてしまう」と草間氏は指摘する。

AWSでシステムを構築する場合(画像クリックで拡大)
AWSでシステムを構築する場合(画像クリックで拡大)

 そこでIaCだ。リソースのあるべき形をコードで記述(定義)し、Terraformに「食わせる(読み込む)」。これをTerraformでは「Apply」と呼ぶ。実際に「Apply」コマンドを実行すると、Terraformが起動してコードに従って環境を自動的に構築する(内部的にはAPIで実行する)。

 人間が作業する場合だと、設計者が構成を設計書や管理台帳に書き、オペレーターが読み解いて環境を構築するなど、少なくとも2人の人間が関与することになる。人間なので記述や操作でミスは起こりうる。ミスを減らすためにチェックする人員を増やすとなると、ただでさえ足りないのにさらに人手が必要になってしまう。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 Terraformであればコードを自動実行していくため、人間のミスが入る余地はない。こうして環境構築で自動化を実現し、ワークフローを改善していくことが可能だ。

次のページ
コスト削減と同時に効率性向上も実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Day 2023 Summer レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:https://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:HashiCorp Japan株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17997 2023/07/14 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング