SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Day 2023 Summer レポート(AD)

自動・共通・協働に加えて「シークレット管理」がDXの鍵!セキュアなマルチクラウド運用を実現する新手法

クラウドの良さを生かす「HashiCorp Stack」の魅力に迫る

コスト削減と同時に効率性向上も実現

 続いて「共通化」について見てみよう。インフラ構築業務は専門的な領域ではあるものの、似たような作業の繰り返しが多い。微妙に違いがあるものの、大枠では同じだったりする。そこで環境構築の共通化を進めることで、コスト削減を実現していくことができる。

 もし環境をコードで定義していれば再利用が可能だ。たとえばある案件では、以前構築した案件(AWSのEC2でVMを構築する)とほぼ同じだが、メモリとCPUの設定値が少し違うとする。全体としてはほぼ同じなので流用ができて、一部の設定値だけ置き換えていけばいい。

 さらにTerraformでは環境を部品化することが可能であり、これを「モジュール」と呼ぶ。部品化すると、次からはモジュールを呼び出すことで似たような環境を簡単に複製していくことができるし、共通部分は部品化しておくことで、以降の生産性が高まる。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 最後は協働化(コラボレーション)について説明しよう。Terraformのモジュールは自社が作成したものだけではなく、オープンに公開されている「パブリックモジュール」という社外の誰かが作ったものを使うこともできる。広い目で見れば、似たような作業をしている人がどこかにいるものだ。誰かの知見を共有(享受)できるのはオープンソースの強みでもある。インフラのコードを通じて組織を超えたコラボレーションができて、労力やコスト削減にもつなげることができる。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 またTerraformの実行環境がSaaSで提供されるTerraform Cloudを使うと、GitHubなどのレポジトリと組み合わせることもできる。たとえばTerraformのコードをGitにコミットすると、自動的にTerraform Cloudで処理が走り、レビューを経てクラウドのインフラ構築を自動化することもできる。DevOpsやCI/CDをインフラ構築にも広げるようなイメージだ。環境構築におけるコラボレーションも実現できる。草間氏は「Terraform Cloudを活用することでチームやメンバー間のコラボレーションがより進み、運用の効率化も図ることができます」と補足する。

次のページ
クラウド運用で忘れてはならないシークレット管理

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Day 2023 Summer レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:https://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:HashiCorp Japan株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17997 2023/07/14 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング