SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IMPACT Winter セミナーレポート(AD)

将来予測からコンプライアンスまで実現!高付加価値を生み出すESBのビジネス価値

IMPACT Winter セミナーレポート

動的なサービス呼び出しが解決するESBの課題

日本アイ・ビー・エム株式会社
WebSphere事業 TS&S
豊田麻美氏

 最後に登壇した、日本アイ・ビー・エム株式会社 WebSphere事業部 テクニカルセールス&サービス 豊田麻美氏のセッションテーマは、ESB管理において将来起こりうる課題の解決策だ。ESBによりITインフラ運用管理者への負荷を減らすことが期待されているが、将来的につながるサービスの数が増えていくと、様々な課題が浮上する。なぜならESBは、実装した時点でのサービスへしかルーティングできないからだ。サービスのバージョンやロケーションが変わるたびにESBを再実装しなければならない。

 この課題を解消する一つの方法は、ESB側にサービスのロケーション情報を持たせず、外出しに保管することだ。リクエスターからメッセージが飛んできた場合、この保管庫にどのサービスに投げたらいいかを問い合わせ、その返答に合わせてESBがサービスを呼びに行く。リクエストが飛んできた時点で宛先を判断する、動的なルーティングだ。

 IBMがこの考え方で提供しているミドルウェア製品が、WebSphere Service Registry and Repository(以下:WSRR)だ。SOAPやJavaのAPIを持ち、プログラムからの呼び出しでサービス情報を検索、登録が可能になる。

 IBMのESB製品ではWSRRに接続し、検索するための標準機能を提供している。リクエスターから来たメッセージをどういう形で処理するか、ケースバイケースでフローを作成する。すべてのESB製品が持つ、「エンドポイント情報取得」のための部品をフロー上に配置し、求めている処理の流れを定義する。

 またWSRRにはサービスのロケーション情報だけでなく、その属性なども登録し、公開できる。同様のサービスを利用したいと考える開発者が発見しやすくすることで、再利用(共用)を促進する。

 WSRR導入における効果で注目したいのがガバナンスの遵守だ(図4)。サービスの設計段階から開発、運用まで、すべての情報はWSRR上で一元管理することで、抜けや漏れ、規範からの脱線を排除することができる。さらに監視系のソフトウェアTivoliシリーズを導入すれば、サービスの品質を保ちながらWSRRとESBを連携させることが容易になり、さらに優れたサービス管理を実現するのだ。

 ESBを、システムをつなぐためだけに使うのでは、そのポテンシャルの一部しか活用していない。様々な課題に応えるソリューションを生み出すESBの可能性に注目したい。

図4:SOAガバナンスの実行手段 ―WSRRの利用

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2161 2010/05/11 11:55

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング