SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IMPACT Winter セミナーレポート(AD)

将来予測からコンプライアンスまで実現!高付加価値を生み出すESBのビジネス価値

IMPACT Winter セミナーレポート

ESBにおけるイベント活用の効果

日本アイ・ビー・エム株式会社
WebSphere事業 TS&S
常盤千絵氏

 続く、日本アイ・ビー・エム株式会社 WebSphere事業部 テクニカルセールス&サービス 常盤千絵氏のセッションのテーマは、ESBが検知、作成するイベントを活用したビジネス情報の迅速な取得だ。IT業界において「イベント」はなじみ深い用語だが、本セッションでは何か「興味があること」が起こっているか、あるいは「起こる兆し」という意味で使用された。ESBでイベントにより実現したいことの一つはリスク回避だ。エラーのアラートを拾い、必要な対処を迅速に行う。そしてビジネス機会を見逃さない。データベースに格納されている静的なデータを検索して得る知見ではなく、今まさに発生しているイベント(パターン)からビジネス状況を把握し、アクションを行う。

 実はESBとイベントは愛称がいい。ESBではつながっているシステムからのイベントが電気的な信号で入り、それを蓄積できる。そしてイベントをESBで拾い、アクションを起こすことができれば、様々な付加価値をつけることができる。元々ESBはサービスをつなぐバスであるから、Webサービスなどつながっているサービスを起動するのは容易だ。

 イベントのパターンが非常に複雑で、ESBだけで適切に処理するのが難しいケースもある。その場合、ESBの外部にイベント処理ネットワークを構築し、連動するとより複雑なイベント・パターンを検出し、対応することができる。

 IBMのソフトウェアの多くの製品では、CEI(Common Event Infrastructure)というイベント処理のための仕組みとCBE(Common Base Event)というイベントを表現するためのXML標準を採用している。CEIはイベントの送受信、イベント・バスの分散化、イベントの保持、サブスクライブ、更新、および照会といった機能を提供する。

 中でもWebSphere Business Events(図3、以下:WBE)は、イベント処理に特化した製品だ。イベントから得られる情報をよりビジュアルに、統計的に表示する。ESBはイベントを検知するのと同時にイベントの発生源にもなる。WBEなどとの組み合わせにより、ビジネスが求めるピンポイントの情報を即座に得てアクションを行うことが可能になる。

図3:イベント処理のための製品:WebSphere Business Events

次のページ
動的なサービス呼び出しが解決するESBの課題

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2161 2010/05/11 11:55

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング