SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IMPACT Winter セミナーレポート(AD)

将来予測からコンプライアンスまで実現!高付加価値を生み出すESBのビジネス価値

IMPACT Winter セミナーレポート

巨大ファイル転送をサービス化する

日本アイ・ビー・エム株式会社
WebSphereテクニカル・セールス
恩田洋仁氏

 続く、日本アイ・ビー・エム株式会社 WebSphere事業部 テクニカルセールス&サービス 恩田洋仁氏のセッションのテーマはファイル転送のサービス化だ。アプリケーション統合において、ファイル転送は外せない分野となっているが、ESBでは課題になるケースがある。

 ESBでは異なるデータ形式を持つシステムをつなぐため、内部を流通するデータの解析と直列化を行う。物理形式の変換をESBのパーサーが行うため、インターフェイス管理が劇的に楽になる半面、アクセスが集中するESBでファイル転送のような大容量のデータを扱う際はパフォーマンスに注意が必要だ。ESBで消費するメモリについても転送データの数倍から数十倍必要というケースがある。またESBは多数のシステムと連携するため、ネットワークの帯域も確実に保護する必要がある。またファイル連携の実装は転送後のジョブの起動やファイルの完全性チェック等に複雑な処理を行っていることが多い。このような要因によってファイル連携がESB導入の妨げになることがある。

 それではどう対応するか。完全な解はなかなか出てこないのだが、WebSphere MQ File Transfer Edition(図2、以下:WMQFT)を利用することで大きな作り込みをすることなくファイル転送自体をサービス化、仮想化できる。従来のMQ製品にファイル転送機能がなかったが、WMQFTはサーバーをまたがってのファイル連携の管理、監査証跡を一元的に行うことも可能にしたMQの上位製品だ。

 それではESBとWMQFTがどう関係するのか。まずリアルタイム連携のためのIT基盤をESBで構築し、ファイル転送のためのIT基盤をWMQFTで構築する。ESBに接続するシステムからのファイルの転送指示イベントは、ESBを介してXML形式のMQ/JMSメッセージの形で転送基盤に送られる。ESBに接続しているシステムならどこからでもファイル転送指示を出すことができるようになり、ESBによるファイル転送の仮想化が可能になる。そして転送が行われると、ログもXMLの形でESBにパブリッシュされる。ファイル転送の一元管理を可能にすると同時に、監査ログとしても活用できる点も注目だ。

 このようにファイル転送をサービス化することで仮想化やガバナンスの強化というESBの目的を失うことなく、負荷がかかるファイル連携部分をESBの外に切り出すことができる。

図2:WebSphere MQ File Transfer Editionの概要

次のページ
ESBにおけるイベント活用の効果

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2161 2010/05/11 11:55

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング