SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

政治学者 丹羽文生の永田町一刀両断!!

急ピッチで進む政治家の人材育成

―「小沢一郎政治塾」から「鳩山友愛塾」まで―


民主党、自民党の地方組織や議員個人が、相次いで政治家の卵を育てるための「政治塾」をスタートさせている。これらは、来る参院選、2011年春の統一地方選での候補者発掘を狙ったものだ。

「舛添政治カレッジ」を母体に「舛添新党」結成!?

  民主党、自民党の地方組織や議員個人が、相次いで政治家の卵を育てるための「政治塾」をスタートさせている。これらは、来る参院選、2011年春の統一地方選での候補者発掘を狙ったものだ。

  昨年の衆院選で大勝した民主党は、与党でありながら、地方議員の数は極端に少ない。 一方の自民党も野党に転落して以降、人材不足に悩んでいる。そこで、政治家を目指す人、志を抱く人に、政治に関する勉強の場を与えると同時に選挙のノウハウを叩き込み、人材囲い込みを図ろうというわけだ。

次の参院選を見据え、政治塾が乱立している
次の参院選を見据え、政治塾が乱立している

 先般、前厚生労働大臣の舛添要一が、先の衆院選で苦杯を舐めた落選議員を集め「舛添政治カレッジ」を立ち上げた。

 昨今の各種世論調査で、次期首相に適当な政治家ナンバーワンにも輝いただけに、存在感の薄い自民党総裁の谷垣禎一に代わり「舛添総裁」を望む声、あるいは、この「舛添政治カレッジ」を母体にした「舛添新党」結成の憶測も出ている。

 鳩山由紀夫、邦夫兄弟が設立した「鳩山友愛塾」は、祖父で元首相の一郎が掲げていた「友愛」の精神を広めるために、実姉の井上和子を塾長に2008年4月に開塾した。期間は1年で、各界の著名人が講師を務め、講義は毎回、鳩山会館で開かれる。

 来年度は由紀夫の首相就任による公務多忙で休止するようだが、永田町では兄弟の不仲説や2人が母親から月1,500万円もの資金提供を受けていた問題の影響を指摘する声も聞かれる。

次のページ
「保守新党」結成を目論んだ松下幸之助

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
政治学者 丹羽文生の永田町一刀両断!!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

丹羽 文生(ニワ フミオ)

1979年、石川県生まれ。衆議院議員秘書、作新学院大学総合政策研究所研究員等を経て、拓殖大学海外事情研究所助教。この間、東北福祉大学非常勤講師等を歴任。専門は政治学。著書に『保守合同の政治学』(共著、青山社)等多数。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2171 2010/03/12 11:08

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング