SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

特別対談 サイベース×IBM(PR)

[特別対談]サイベースとIBMの協業で、顧客志向の分析ソリューションを強力に推進する

IBMと米サイベースのキーマンに栗原潔氏が聞く

 今日、日々爆発的に企業のビジネスデータが増加している。また、厳しい経営環境の中で、企業資産でもあるそのデータを有効活用するニーズが非常に高まっている。こうした状況において、ビジネスのスピードを加速するために必要不可欠なBIやDWHなどデータ分析・活用ソリューションが大きく注目されている。そんな中、サイベースは、日本IBMとの協業により中規模DWH基盤構築を推進する「Powerソリューションデザインセンター」を本年7月1日に開設したことを発表した。センター開設の狙い、分析系分野における両社の協業関係、そして、今日の経営環境においてIBM Power SystemsとSybase IQが提供する価値について、米国サイベース社のマーク・ウェストオーバー氏と日本IBMの高橋信氏に話を伺った。(モデレーターは、ITコンサルタントの栗原潔氏)

企業のビジネスデータの現状や市場の背景

栗原氏
先日、サイベースは、日本IBMとの共同による「Power ソリューションデザインセンター」の開設を発表されました。まず、その開設の背景、特に市場での声や企業の置かれている現状について簡単に教えて下さい。
米国サイベース社
パートナー・ディベロップメント副社長
マーク・ウェストオーバー氏
マーク氏
 現在、企業はデータ爆発時代のまっただ中にいます。業務で作り出されている情報は日々増え続けており、その増える割合は上昇の一途を辿っています。この増え続けている膨大なデータを適切に活用した企業が、成功を勝ち得ています。今回のIBMとの協業も「大量のデータを、適切に利用することができる基盤を提供すること」を目的として行われたものです。
 「Power ソリューションデザインセンター」では、IBMのPower Systems上で当社のデータウェアハウス(DWH)向けDBMSであるSybase IQを稼働させ、動作検証を行なうことを目的としています。当社とIBMにおける長期的かつグローバルな協業関係の成果のひとつです。
 米国においては、昨今DWHアプライアンス市場が活性化しています。これは、顧客が企業に散在する大量のデータをビジネスに役立てることを重視すると同時に、そのためのより良いソリューションを欲していることを示しています。日本でも米国と同様の状況が発生する兆しがあります。我々のSybase IQは、DWHを構築するための最適なエンジンであり、これを強く市場へアピールする機会を狙っていました。当センターがお客様そしてパートナー様に提供できる価値はきわめて大きいと思います
高橋氏
 ご存じのように、本年の2月に当社はPOWER7プロセッサを発表しました。現時点で最強と言ってよいプロセッサです。IBMは、お客様に対してこのプロセッサの価値を十二分に活用できるソリューションを提供する必要がありました。分析アプリケーションは、そのようなソリューションの一例です。そして、この分野ではサイベースが当社のベストパートナーのひとつとなります。
栗原氏
「Powerソリューションデザインセンター」の場所は、サイベース社内にあるのですね。
マーク氏
 はい、そうです。当社の施設内にあります。現時点では7台のPower Systemsサーバーを設置しており、多くのお客様やシステム・インテグレーターが検証のために来られることを期待しています。また、日本だけではなく、海外のお客様も歓迎です。

次のページ
分析系システムは、"nice to have"から"must have"へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2488 2014/07/03 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング