SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

特別対談 サイベース×IBM(PR)

[特別対談]サイベースとIBMの協業で、顧客志向の分析ソリューションを強力に推進する

IBMと米サイベースのキーマンに栗原潔氏が聞く

分析系システムは、"nice to have"から"must have"へ

栗原氏
分析系システムの現状について教えてください。
高橋氏
 昨年に当社が行なった全世界の2,500名以上のCIOに対する調査では、約8割がビジネスインテリジェンス(BI)を最優先投資案件として挙げておられます。企業のビジネスにとって分析系システムがきわめて重要となっていることをよく表していると思います。
日本アイ・ビー・エム株式会社
システム製品事業
パワーシステム事業部
理事 事業部長
高橋 信氏
栗原氏
他の多くの調査でも同様に分析系システムがトップ・プライオリティとして挙げられることが多いようです。この傾向は少なくとも5年以上は続いていますので、単なる流行というわけではなさそうです。
マーク氏
 おっしゃる通り、DWHやBIなどの分析系システムは一時の流行ではなく、企業にとって長期的に不可欠な戦略的案件となっています。分析系システムは、企業ITにとって"nice to have"から"must have"になっているのです。経営者やビジネスオーナーがダッシュボードに基づいて
意思決定を行なうようになり、分析アプリケーションなしではビジネスが回らない状況に来ています。
高橋氏
 確かに分析系システムのミッション・クリティカル化が進んでいると思います。まさに、Power Systemsならではのパフォーマンスとメインフレーム譲りの高信頼性が価値を提供できる動向です。
栗原氏
ハイエンドのシステムにも高い需要があるということですね。
高橋氏
 もちろん、大量生産型の製品も重要です。しかし、ミッション・クリティカル化し、ハイエンドに最適化された分析系システムでなければ対応できない領域も数多く存在します。
マーク氏
 そのようなアプリケーション領域の例として、金融機関における不正検知があります。インサイダー取引などの不正行為を検知するための分析処理で妥協をすれば、金融機関は大きな損失を被ることになります。このような分野では、今後とも妥協のないハイエンドの分析システムが必要とされていくでしょう。

次のページ
ベスト・コンビネーションとしてのSybase IQとPower Systems

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2488 2014/07/03 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング