SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

リモートアクセスをセキュアにする、リスクベース認証型とは?

EMCジャパンからリスクベース認証型のアプライアンスサーバが発売


震災後、企業規模を問わずリモートアクセスの需要が急激に増えている。だが、中堅/中小企業の場合、大企業と同等のセキュリティ環境を用意することは難しい。セキュアな環境の鍵となる「リスクベース認証」とは何か?

中堅・中小企業にもセキュアなリモートアクセスを

EMCジャパンは5月10日、リスクベース認証機能を搭載した認証サーバの新製品「RSA Authentication Manager Express 1.0(RSA AMX)」を発表、8月22日より提供を開始する。

EMCジャパン RSA事業本部 事業本部長 山田秀樹氏
EMCジャパン RSA事業本部 事業本部長
山田秀樹氏

「震災後、企業規模を問わずリモートアクセスの需要が急激に増えている。だが、中堅/中小企業の場合、大企業と同等のセキュリティ環境を用意することは難しい。RSA AMXはアプライアンス型という手軽な形態で、より幅広い層に低コストで安全な認証基盤を届けるソリューション」と語るのは、EMCジャパン RSA事業本部 事業本部長 山田秀樹氏。同製品のメインターゲットがSMBであることを強調する。

RSA AMXは、リスクベース認証型のアプライアンスサーバだ。

SSL VPNやWebポータルなどを通じてモバイルワーカーなどが社外からイントラネットに接続する際、あるいは不特定多数位のユーザがWebサービスの提供を受けようとする際のユーザ認証に用いる。EMCジャパンは「リスクベース認証による高度な認証」「高いユーザ利便性」「管理の容易性」という3つのユーザメリットを謳っている。

次のページ
リスクベース認証機能とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

五味明子(ゴミ アキコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3120 2011/05/11 13:57

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング