SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

そろそろ本気で人財育成の話をしないか

パフォーマンスを上げるための組織作り(設計・実装編)

#002


スキル細分化の高ーい壁?

 組織が必要とする機能までは、ほとんどのみなさんが「定義できそうだなぁ」というイメージを持つと思います。ところがその「機能に対するスキル」を自信持って定義できると思う方は少ないかもしれませんね。そうです。何もないところから作っていこうとしたらそれは大変です。

 そんな時は第1回目でも紹介したスキル標準(ITSS、UISS)や職業能力評価基準(JAVADA)を活用するのがベストです。

 ベストですと言い切ってはみたものの。。

実は、最近IPAから公表された「IT人材白書2011(調査年:2010年度)の第3部第2章スキル標準の活用と課題」を読むと標準が「わかりにくい」、「難しい」、「導入方法がわからない」という意見が多いようです。

 その原因は標準がカバーしている範囲が全方位なので多すぎるとか、自社に合わせてカスタマイズするのにどこからやればいいの?ということがあるからではないでしょうか。

 実は私もIPAで公開している解説書や活用の手引きなどを見ただけではなかなか理解が進みませんでした。

 ところが、実際に弊社の業務を分析して、スキル標準の考え方にそって機能を明確化し、スキルを細分化していったところ、意外とあっさり理解が進むものです。「具体的にやってみよう」がとても大事です!

 手前味噌になりますが弊社が提供するESIクイックスタートモデルというITスキル標準を軽量化した人財育成フレームワーク(Webアプリケーション)をご利用していただくのも1つの手段です。(無償でフレームワークづくりを体験できますよ!)

 「回答ランク」の凡例が表示された画面を見ながら「問合せサポートに必要なスキルを確認するための設問」は以下のような画面イメージで分かりやすいですね。

次のページ
人財像へのスキルマッピング

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
そろそろ本気で人財育成の話をしないか連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

二階堂隆(ニカイドウ タカシ)

株式会社ワン・オー・ワン 代表取締役社長データベースソリューションを中心とする自社ブランド製品の開発/販売/コンサルテーションが業務の中心。モットーは、「何事もシンプルに考えること・実装すること」。趣味は身体を動かすこと、とくにサッカーはプレーも観戦も大好き。浦和レッズの熱狂的ファン。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3313 2011/07/12 11:01

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング