SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

oracletechアーカイブス!

「"プロアクティブ"なパフォーマンス・チューニングの心得」


"プロアクティブなチューニング"に向けた3つのポイント

 では、今後プロアクティブなチューニングを実践していくうえで、どのような点に留意すればよいのか。ここまでに説明した事柄も踏まえ、中島氏と開發氏が強調するのが、次の3つのポイントだ。

  1. 目標値を明確にする:チューニングの最終ゴールを性能目標値として、期間/コストの制約条件とともに明確化する。それにより、何をどこまでやるのかが明らかになる
  2. 業務とシステム・アーキテクチャの双方を十分に把握する:業務要件と、それを踏まえたシステム・アーキテクチャの双方を十分に把握し、それらに応じたチューニング・ポイントやチューニング手法の洗い出しを行う
  3. チューニングのプロセスを確立する:チューニングを効率的に行うためのプロセスや体制、実施可能なチューニング手法などをあらかじめ決めておく

 これらに関して適切な手を打つことで、今回紹介したようなトラブルを未然に防ぐ"プロアクティブなデータベース・チューニング"を実践できるのだ。

 なお、今回はデータベース・チューニングの基本的な心得とも言える事柄を紹介したが、SQLに関する具体的なチューニングの手法については、中島氏が執筆した下記の書籍を参考にしていただきたい。

 『基礎から学ぶOracle SQLチューニング』(加藤 祥平、中島 益次郎著/翔泳社刊)

 オラクルエンジニア通信:「データベースの監視およびパフォーマンス・チューニング 技術資料

 ※この記事はoracletech.jpからの転載です。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
oracletechアーカイブス!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

oracletech.jp編集部(オラクルテックジェイピーヘンシュウブ)

oracletech.jpは、オラクル・データベースと関連製品をお使いいただいている皆様、開発に携わっているエンジニアの皆様、オラクル製品を販売いただいている皆様すべてにとって有益な情報源となることを目指しています。エンタープライズ系ITを中心に、製品情報や技術情報からテクノロジー・トレンド、キャンペーンやイベント/セミナー情報まで多岐にわたります。日本オラクルの社員だけでなく...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3424 2012/02/10 17:49

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング