EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「"プロアクティブ"なパフォーマンス・チューニングの心得」

edited by DB Online   2011/08/30 00:00

"プロアクティブなチューニング"に向けた3つのポイント

 では、今後プロアクティブなチューニングを実践していくうえで、どのような点に留意すればよいのか。ここまでに説明した事柄も踏まえ、中島氏と開發氏が強調するのが、次の3つのポイントだ。

  1. 目標値を明確にする:チューニングの最終ゴールを性能目標値として、期間/コストの制約条件とともに明確化する。それにより、何をどこまでやるのかが明らかになる
  2. 業務とシステム・アーキテクチャの双方を十分に把握する:業務要件と、それを踏まえたシステム・アーキテクチャの双方を十分に把握し、それらに応じたチューニング・ポイントやチューニング手法の洗い出しを行う
  3. チューニングのプロセスを確立する:チューニングを効率的に行うためのプロセスや体制、実施可能なチューニング手法などをあらかじめ決めておく

 これらに関して適切な手を打つことで、今回紹介したようなトラブルを未然に防ぐ"プロアクティブなデータベース・チューニング"を実践できるのだ。

 なお、今回はデータベース・チューニングの基本的な心得とも言える事柄を紹介したが、SQLに関する具体的なチューニングの手法については、中島氏が執筆した下記の書籍を参考にしていただきたい。

 『基礎から学ぶOracle SQLチューニング』(加藤 祥平、中島 益次郎著/翔泳社刊)

 オラクルエンジニア通信:「データベースの監視およびパフォーマンス・チューニング 技術資料

 ※この記事はoracletech.jpからの転載です。



著者プロフィール

  • oracletech.jp編集部(オラクルテックジェイピーヘンシュウブ)

    oracletech.jpは、オラクル・データベースと関連製品をお使いいただいている皆様、開発に携わっているエンジニアの皆様、オラクル製品を販売いただいている皆様すべてにとって有益な情報源となることを目指しています。 エンタープライズ系ITを中心に、製品情報や技術情報からテクノロジー・トレンド、キャンペーンやイベント/セミナー情報まで多岐にわたります。日本オラクルの社員だけでなく、外部の有識者やフリーランス・ライターを含む幅広い執筆陣により"ベンダー発"の枠を脱したコンテンツ発信を目指します。 好奇心が、エンジニア人生を豊かにする。 oracletech.jp

バックナンバー

連載:oracletechアーカイブス!
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5