SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

あたらしいSQL Server/Denaliの世界

Denaliの新機能、AlwaysOnは高可用性の新たなスタンダードです!(後編)


前回に引き続いてDenali から実装される高可用性機能「AlwaysOn」を、日本マイクロソフトプレミアフィールドエンジニアリング部の平山が紹介します。

 前回の記事では、これまでにリリースされた SQL Serverで既に実装されている、高可用性 (High Availability) を実現するためのさまざまな機能を紹介しました。また、それぞれの機能単体で使用する場合には、満たすことができない要件があることも併せて説明しました。それを踏まえて、今回は、AlwaysOnでは何ができるようになったのかを紹介してみたいと思います。(ただ、今回お知らせする内容は、現時点での決定事項ではありますが、Denaliが実際にリリースされるときには、若干の変更があるかもしれないことをあらかじめご了承ください)。

 AlwaysOnでは、すでに実装されている信頼性の高いテクノロジーを基礎技術として使用しています。データベースレベルの高可用性を確保するために、従来のデータベースミラーリング機能を拡張しました。また、SQL Serverインスタンスレベルの高可用性のためには、長年使用されてきたフェールオーバークラスタリングの技術を拡張することで対応しています(ただし「拡張」とは言っても、さまざまな新たな要求をみたすために数多くの新技術が投入されています)。さて、それでは機能を強化することによって、実現可能になった主な点を紹介していきたいと思います。

次のページ
複数データベースを同時にフェールオーバーできる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
あたらしいSQL Server/Denaliの世界連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平山理(ヒラヤマオサム)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3508 2012/02/10 18:04

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング