SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

あたらしいSQL Server/Denaliの世界

トレースはもはや古い?SQL Server 2012 の拡張イベント(後編)

#012


こんにちは。Premier Field Engineering 部の坂輪です。今回は前回予告しました SQL Server Management Studio から拡張イベントを管理する機能や SQL トレースから拡張イベントへの移行についてご紹介したいと思います。

拡張イベントの新しいユーザー インターフェース

 SQL Server 2012 の SQL Server Management Studio では、オブジェクト エクスプローラーの[管理]フォルダを展開すると、[拡張イベント]フォルダがあります。拡張イベントの管理はここから行います。[拡張イベント]フォルダを展開すると、[セッション]フォルダがあり、展開すると SQL Server に登録されている拡張イベントのセッションが確認できます。

 

 登録されているセッションには前回ご紹介しました system_health セッションが確認できると思います。また、AlwaysOn 可用性グループのセッションも既定で提供される予定です。このセッションについては後程ご紹介します。[セッション]フォルダから次のような拡張イベントの操作が行えます。

  1.   セッションの新規作成/変更/削除/
  2.   セッションの開始/停止
  3.   セッションが採取しているデータの参照
  4.   セッションの定義のエクスポート

 拡張イベントの作成には新規セッション ウィザードかダイアログを使用します。[セッション]フォルダを右クリックして、[新規セッション ウィザード]を選択すると新規セッション ウィザードが開始され、同様に右クリックして[新規セッション]を選択すると新規セッションのダイアログが表示されます。

 新規セッション ウィザードではウィザードに従って必要な項目を入力することで簡易的にセッションを作成することができます。新規セッションウィザードの画面は次のようになります。

 [セッションのプロパティの設定]
 セッション名を入力します。[サーバーの起動時にイベント セッションを開始する]をチェックすると、system_health セッションと同様に SQL Server が起動した時に自動でセッションを開始することができます。

 [テンプレートの選択]画面
 SQL Server プロファイラと同様に提供されているテンプレートの中から選択をすることができます。新規セッションのダイアログでは提供されたテンプレート以外にテンプレート ファイルを選択することができます。テンプレート ファイルは SQL Server に登録されたセッションを右クリックし、[セッションのエクスポート]を選択して作成できます。

 [キャプチャするイベントの選択]画面
 イベントの一覧でイベントをポイントすると、一覧の下にイベントの説明とイベント データである列情報が表示されますので、前回の sys.dm_xe_object_columns を参照していた手間に比べると非常に簡単になっています。

 ダイアログのイベント タブの画面もウィザードと同じ画面構成ですが、ダイアログでは画面右上の[構成]ボタンを押下すると、画面が切り替わりイベントごとにアクション(グローバル フィールド)やフィルタを設定することができます。

 [グローバル フィールドのキャプチャ]
 アクションを選択します。[キャプチャするイベントの選択]画面で選択した全てのイベントに適用されます。

 [セッション イベント フィルタの設定] 画面
 フィルタの設定を行います。フィルタは[キャプチャするイベントの選択]画面で選択した全てのイベントに適用されます。

 [セッション データ ストレージの指定]
 ターゲット event_file か ring_buffer の設定を行います。両方のターゲットを設定することも可能です。event_file と ring_buffer 以外のターゲットを使用したい場合は新規セッションのダイアログを使用します。

 新規セッション ウィザードでは上述しましたように制限があります。より詳細な設定を行ってセッションを作成する場合は、新規セッションのダイアログを使用してください。

次のページ
SQL Server Management Studioでイベント データの参照も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
あたらしいSQL Server/Denaliの世界連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

坂輪貴行(サカワ タカユキ)

  日本マイクロソフトの Premier Field Engineering 部にて、SQL Server ユーザーの支援を行う。前職はシステム エンジニアであり、長く Sybase を使用したプロジェクトに従事。業界歴 14 年の月一ゴルファー。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3644 2012/02/10 18:23

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング